著作権相談コーナー

「作家仲間の新刊をブログで紹介するとき、表紙だけでなく中のページを撮影して掲載してもOK?」 たとえば、こんな疑問にも。正会員・研究会員を対象とした、著作権相談コーナーができました。気軽に相談できる窓口があると、いざというときにも安心です。ぜひご利用ください。冒頭の質問の回答は、 こちらから。

会員限定! 著作権相談コーナー開設

 
当協会では、会員・研究会員の皆さんに著作権への理解を深めていただくため、「著作権相談コーナー」を設けました。
回答は当協会理事・渉外委員長の、上野与志氏(元・児童書四者懇談会座長)他がつとめます。著作権や出版に関して疑問に思っていることなど、遠慮なくご相談ください。
 
ご相談は、協会ホームページの「お問い合わせ・ご連絡」から、
あるいは info@jidoubungei.jpまでメールで、
メール環境がない方は、ファクスで事務局03(3262)8739までお送りください。
 
回答は、本人へ直接メールかファクスでお送りするのみで、公表はいたしません。
 
トラブルになってしまったら‥‥
著者・出版社の間でトラブルになった場合は、当協会も会員となっている「出版ADR(裁判外紛争解決手続き機構)」の電話相談をおすすめします。
この機構は、出版をめぐり著作者と出版社の間でトラブルが生じたときに、公正に問題解決を図る手伝いをするものです。著作者団体と出版社団体が協力して設置しました。
 

出版ADR

相談受付専用電話番号03(3222)9055
(毎月第3・第4水曜日、午後1〜4時のみ受付)
http://www.taiyoken.jp/adr.html
当協会の会員・研究会員であることを先に伝えると、スムーズに対応してもらえるそうです。