会員からのお知らせ

受賞の報告やイベント情報、出演情報など、会員の活躍を中心にお伝えします。うれしい報告は、励みになりますね。みなさまからの情報もお待ちしています。 こちらから

2016.01〜  >>  2017.01〜  >>

2016.12.26

真山みな子さんが子どもたちに聞かせたい創作童話で入選されました!

 
会員の真山みな子さんが、第38回子どもたちに聞かせたい創作童話(かごしま近代文学館    かごしまメルヘン館)の第1部(保育園児、幼稚園児、小学校低学年向けの作品)に入選されました。

 
受賞作「まぜまぜやクルクル」
くわしくは、こちらをご覧ください。
 
真山さん、おめでとうございます! ますますのご活躍を期待しています!
  
 


2016.12.09

 

楠木しげおさんが日本童謡協会ホームページに歌碑に関しての執筆をされました! 

 

会員の楠木しげおさんが日本童謡協会のホームページに全国の童謡碑六基に関する執筆をされました。
 

浅原鏡村の「てるてる坊主」
野口雨情の「あの町この町」「蜀黍畑」など

 
ぜひご覧下さい。 
 
くわしくは、こちらをご覧ください。
 
 


2016.11.25

山田和明さんの個展が、神保町で開催されます!

 
会員の山田和明さんが、神保町の檜画廊にて個展を開催されます。
 
山田和明展 Kazuaki Yamada Exhibition 2016
日時 11月28日(月)〜12月3日(土)
         11:00〜18:30(最終日は16:30まで)
会場 〒101−0051 東京都千代田区神田神保町1−17(すずらん通り) 
    TEL.03-3291-9364
 
 
詳しくは、以下をご覧ください。

 
★山田和明さんよりメッセージが届いています★
11月28日(月)から12月3日(土)まで神保町にあります檜画廊で個展を開催します。
お時間がありましたら、お立ち寄りいただけますと幸いに思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
 
 

2016.11.25

いとうみくさんの『車夫』、せいのあつこさんの『ガラスの壁のむこうがわ』、山本省三さんの『脱走ペンギンを追いかけて』が、読書感想画コンクールの指定図書に決まりました!

 
会員のいとうみくさんの『車夫』(小峰書店)、せいのあつこさんの『ガラスの壁のむこうがわ』(国土社)、山本省三さんの『脱走ペンギンを追いかけて』(佼成出版社)が、第28回 読書感想画中央コンクールの、指定図書に選ばれました。
 
 中学校・高等学校の部

 

 
 小学校高学年の部
 

 
 小学校低学年の部
 

  
いとうさん、せいのさん、山本さん、おめでとうございます!
 
くわしくは、こちらをご覧ください。
 
 


2016.11.14

森くま堂さんが絵本テキスト大賞で大賞を受賞されました!

 
会員の森くま堂さんが、第9回絵本テキスト大賞(主催・童心社)のBグレード(6〜8歳向)で、大賞を受賞されました。
 
受賞作「ちこくのりゆう」
受賞作品は、絵本として出版されるそうです。
くわしくは、こちらをご覧ください。
 
森くま堂さんは、第17回創作コンクールつばさ賞・読み物部門で、優秀賞を受賞されたばかり。連続受賞、おめでとうございます!
  
 


2016.11.4

森川成美さんの講演会が、熊谷市で開催されます!

 
会員の森川成美さんが、埼玉県の「熊谷市子ども読書活動推進交流会」で講演をされます。
 
熊谷市子ども読書活動推進交流会 
森川成美講演会
「それでも人は明日に向かって進む
 困難な時代に私の書きたかったこと」
日時 11月30日(水)13:30〜15:30
会場 江南公民館会議室(江南総合文化会館ピピア内)
   埼玉県熊谷市千代325-1 TEL.048-536-6262
申込 熊谷市立熊谷図書館 
   TEL.048-525-4551 FAX.048-525-4552
   電話かFAX(添付の申込書)で、11月25日(金)必着
定員 100名
 
詳しくは、以下をご覧ください。


 

 
  ぜひ、ご参加ください。会場近くにお知り合いのいる方は、ぜひご紹介ください。
 
 


2016.10.31

山元ときえさんが、山口県下関市の芸術文化振興奨励賞を受賞されました!

 
会員の山元ときえさんが、山口県下関市の平成28年度芸術文化振興奨励賞を受賞されました。
下関市内在住の個人・団体で高い水準の芸術活動を行い、かつ、将来性のある者に対して授与される奨励賞で、山元さんは文芸部門での受賞です。
 
くわしくは、こちらをご覧ください。
 
山元さん、おめでとうございます! ますますのご活躍を期待しています。
 
 


2016.10.24

すとうあさえさんのラジオ番組の放送日が毎週月曜日になりました!

 
会員のすとうあさえさんがパーソナリティを務めるFMラジオ番組 JFNサードプレイス「すとうあさえのともいき暦」が、10月より毎週月曜日に放送されています。
また、10月31日の放送では、『おならくらげ』で今年の「ひろすけ童話賞」を受賞された、ささきありさんの作品「いししょうぶ」(JAグループ家の光協会発行・月刊誌『家の光』(2015年11月号掲載)が朗読されるそうです。つけものいしが登場する「いししょうぶ」は、おいしいおつけものの季節にぴったり。ぜひお聞きください。
 
JFNサードプレイス「すとうあさえのともいき暦」
毎週月曜日 5:30から6:00
東京と近県には放送されていませんが、青森から沖縄まで全国31FM局で流れています。
ネット局の確認はこちらから。
 
★すとうあさえさんよりメッセージが届いています★
「サードプレイス」とは、家庭や職場・学校での役割から解放されて一人の人としてくつろげる場所という意味。この番組では学者、詩人、宗教家などさまざまな人たちが曜日を担当してリスナーのみなさんへ情報を提供しています。
私は2015年4月から「すとうあさえのともいき暦」パーソナリティとして、「季節の行事や暮らし」について歌や童話、俳句などを交えながらお話しています。
隔週でしたが今年10月から毎週のレギュラー番組になります。
脚本や選曲も私がしているので、ぜひお祭りや旬情報など、鳥や虫や花のことなど小さなことでもいいので、手紙やメールで情報を寄せていただけたら嬉しいです。
 
 
おすすめの情報がある方は、ぜひ、すとうあさえさんへご連絡ください(会員名簿に、すとうさんのメールアドレスが記載されています)。
視聴ができるエリアの方は、ぜひご視聴ください。
 
 


2016.10.20

童話サークル「わらしべ」が、勉強会(講師:野村一秋さん)の聴講生を募集しています!

 
関西で活動している童話サークル「わらしべ」が、会員の野村一秋さんを講師に招き、作品合評形式の勉強会を開催します。その勉強会で、若干名の外部聴講生を募集しています。
 
わらしべ 勉強会 <聴講生募集>
★日時 12月18日(日)13時~16時
★場所 朝日新聞阪神支局3階会議室(阪神電車西宮駅下車)
★内容 児童文学作家 野村一秋さんを講師にお招きして作品合評など
つきましては、若干名の外部聴講生の受け入れをいたします。(要参加費)
ご希望の方は下記わらしべあてにメールで連絡をしてください。
(申し込み・問い合わせ先 藤谷クミコ)
warashibe_gogo2012@yahoo.co.jp
 
詳細は、サークルブログでもご覧いただけます。
ぜひ、ご参加ください。
 
 


2016.10.17

タダノマサヲさんの個展が開催されています!

 
研究会員のタダノマサヲさんの下書き原稿等を展示した、展覧会が開催中です。
 
タダノマサヲ個展
期間 10月10日(月)〜10月22日(土)*12日(水)、19日(水)は休み
時間 15:00〜20:00
会場 Art Lab AKIBA(〒111-0053 東京都台東区浅草橋4-5-2 片桐ビル1F)


詳細は、タダノマサヲさんのブログでご覧いただけます。
ぜひ、お出かけください。
 
 


2016.10.5

山本省三さんによる、飛び出すしかけ絵本づくりのワークショップが開催されます!

 
会員の山本省三さんが、横浜で行われるイベント「絵本で知る世界の国々ーIFLA からのおくりもの」で、しかけ絵本づくりのワークショップの講師を務めます。
 


 


 
絵本で知る世界の国々ーIFLA からのおくりもの
【イベント概要】
期間 11月19日(土)〜12月18日(日)*月曜休館
時間 10:00〜17:00(入場16:30まで)
会場 あーすぷらざ 3階 企画展示室
ワークショップ開催
日時 11月23日(水・祝)13:00〜15:00
会場 あーすぷらざ3階 企画展示室
講師 山本省三
対象 6歳以上(小学2年生以下は保護者同伴)
定員 20名 *要申込み *参加無料
申込 電話/メール/来館にて参加者全員のお名前、お子さまの年齢、代表者の電話番号をお知らせください。
 
毎年、横浜で行われる絵本フェスティバルでも、大変人気のワークショップです。
ぜひご参加ください。(事前のお申込が必要です)
 
 


2016.9.30

すとうあさえさんの『ざぼんじいさんのかきのき』が、NHK・Eテレ「テレビえほん」で放送されます!

 
会員のすとうあさえさん作の絵本『ざぼんじいさんのかきのき』が、NHK Eテレの「テレビえほん」に、2日にわたって登場します。
 



『ざぼんじいさんのかきのき』
すとうあさえ文・織茂恭子絵/岩崎書店
 
NHK・Eテレ「てれびえほん」
【放送日時】10月10日(月)、11日(火)8:55〜9:00
 
 
★すとうあさえさんよりメッセージが届いています★ 
柿の季節がやってきました! 八百屋さんには、おいしそうな柿が並んでいます。近所の柿の実はまだ青いですけど。
 「ざぼんじいさんのかきのき」が、10月10日(月)と10月11日(火)の8:55-9:00am にNHK・Eテレ「テレビえほん」で放送されます。ぜひ、ご覧ください。そして柿の葉やへたで、遊んでみてもらえたら嬉しいです。我が家では色づいてきた柿の葉を洗って拭いて子どもたちのおやつのお皿につかいます。自然の色は美しいです。
 
 
体育の日の朝と、翌日の朝。秋を感じる楽しい物語をぜひご覧ください。
 
 


2016.9.27

巣山ひろみさんの著書を俳優 要冷蔵さんが語る朗読会とトークショー、読書会が開催されます!

 
会員の巣山ひろみさんの著書を、俳優の要冷蔵さんが語る朗読会と、巣山さんと要さんのトークショー、また巣山さんの著書『逢魔が時のものがたり』の読書会が開催されます。
 


 
俳優 要冷蔵さんによる怖い話おはなし会
【日時】11月13日(日)14:00〜16:00
【場所】滋賀県犬上郡 多賀町立図書館 2F大会議室
【定員】70名(入場無料/定員になり次第締切) 
【内容】
俳優 要冷蔵さんによる怖い話の朗読会
児童文学作家 巣山ひろみさんとの対談
 
巣山ひろみさんを囲んで…読書会
【日時】11月13日(日)11:00~12:00
【会場】滋賀県犬上郡 多賀町立図書館 2F大会議室
【定員】20名(入場無料)
【テーマ】『逢魔が時のものがたり』
 
◎お問い合わせ・お申込み
10月29日(土)10:00〜
季節風びわこ道場(多賀町立図書館内)まで
TEL:0749-48-1142
FAX:0749-48-1164
 
主催:季節風びわこ道場
 
滋賀県近郊の皆さま、ぜひご参加ください。
また滋賀県にお知り合いの方がいらっしゃったら、ぜひご紹介ください。
 
 


2016.9.21

山本省三さんの手作り絵本講座が開催されます!

 
会員の山本省三さんによる、手作り絵本講座(全2回)が逗子で開催されます。
 
絵本作家山本省三さんと一緒に絵本をつくろう2016
絵本作家に学ぶ!手作り絵本講座
【講師】山本省三
【対象】中学生以上
【定員】35名 *多数抽選
【日程】 ◆全2回◆
10月23日(日)第1回:ストーリーを組み立てる。
11月20日(日)第2回:絵本に仕立て上げる。
【各回開講】10:00~12:30(15分前受付)
【会場】逗子文化プラザ交流センター第2・3会議室
【参加費】1,500円(全2回分・材料費込)
【申込み方法】
①参加者氏名(カタカナ)、②学生の場合は学年、③電話番号、④メールアドレスを明記の上、ハガキ、FAX、メールにてお申込みください。
*お申込み後のキャンセル、変更はできません。参加費は第1回目の講座の際にお支払いいただきます。
*参加の可否および当日の持ち物等は第1回目の講座1週間前までにお知らせします。
*取得した個人情報の利用は、当該事業にかかる諸連絡のためとし、その他の目的のための利用、第三者への提供等は一切しません。また、お預かりした個人情報は、管理責任者を置き、適切な管理を行います。
【申込締切】2016年10月7日(金)必着
【申込み・お問合せ】
逗子文化プラザホール 〒249-0006 逗子市逗子4-2-10
TEL:046-870-6622
FAX:046-870-6612
MAIL:event@bunka-plazahall.com
 
くわしくはこちらから。
山本省三さんから直接学べる講座です。ぜひご参加ください。
 
 


2016.9.12

すとうあさえさんの『はしれ ディーゼルきかんしゃデーデ』を題材にした、特別番組が放送されます!

 
会員のすとうあさえさん作の絵本『はしれ ディーゼルきかんしゃデーデ』(童心社)を題材に制作された、特別番組が放送されます。
 

 
福島放送開局35周年記念特別番組 
「希望のレール〜被災地へ燃料を!鉄道マンの挑戦記〜」
 放送日9月25日(日)12:00 〜13:00
 
すとうあさえさんよりメッセージが届いています
2011年3月11日、東日本大震災がおきて5年半が過ぎました。
いまだに、あのときのことを思い出すとドキドキするのはなぜだろう。
私は震災直後に行われた燃料緊急輸送の模様を伝えるために「はしれ ディーゼルきかんしゃデーデ」(童心社)を書きました。今も福島の小学三年生が劇にして発表したり、広島ではずっと読み聞かせをしてくれている方たちがいます。「忘れない、忘れてはいけない」という思いがあるからだと思います。
今回、福島放送で燃料緊急輸送をとりあげた特別番組が放送されます。この絵本が読み継がれていることに注目して制作してくださいました。
福島県限定の放送です。ご覧いただけたら嬉しいです。
 
 
福島県の皆さま、ぜひご覧ください。
また福島県にお知り合いの方がいらっしゃったら、ぜひご紹介ください。
 
 

2016.9.9

金治直美さん、堀米薫さん、こやま峰子さん、かさいまりさん、KHODS(かとうけいこさん、はせべえみこさん、大川すみよさん、だんちあんさん、すずきたかこさん)が第2回「児童ペン賞」を、山崎類範さん、ふくだのりこさんが「児童ペン新人賞」を受賞されました!

 
 
★児童ペン賞の贈呈式が行われました★ (12月2日追記)
12月2日(金)、中野サンプラザにて贈呈式・懇親会が華やかに行われました。
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 

 

 
 
★受賞作★
第2回「児童ペン賞」
◎大賞
金治直美『知里幸恵物語』(PHP研究所)
堀米薫『あきらめないことにしたの』(新日本出版社)
 

 
◎詩集賞
こやま峰子『未来への伝言』(未知谷)

 
◎絵本賞
かさいまり『くれよんがおれたとき』(くもん出版)

 
◎童話集企画賞
KHODS『いただっきー!』(銀の鈴社)
KHODS(子どもの本大好き)‥‥日本児童文芸家協会会員有志(かとうけいこさん、はせべえみこさん、大川すみよさん、だんちあんさん、すずきたかこさん)による創作ユニット。

 
 
「児童ペン新人賞」
◎童話部門・新人賞
山崎類範「にじいろの手紙」
ふくだのりこ「黄色いかさ」
 
 
みなさん、おめでとうございます!
くわしくは、こちらから。
 
 
 

2016.8.21

おおぎやなぎちかさんの講演会が開催されます!

会員のおおぎやなぎちかさんが、日光市今市図書館の童話・児童文学セミナーで、講演会をされます。
 
 
童話・児童文学セミナー「ファンタジーを描く 〜『しゅるしゅるぱん』ができるまで」
日時:9月10日(土)午後2時〜3時30分
会場:栃木県日光市立今市図書館 3階 視聴覚室
定員:30名
受講料:無料

お申込は、今市図書館窓口または電話・FAXにて受付中
TEL.0288-22-6216
FAX.0288-22-7337
こちらでもご覧いただけます。
 
お近くにお住まいの方、ぜひお出かけください。またお近くにお知り合いのいる方は、ぜひご紹介ください。
 
 


2016.8.19

やまざきじゅんよさんが第42回東京展「絵本の部屋」に出展されます!

会員のやまざきじゅんよさんが、美術の祭典第42回東京展「絵本の部屋」に、絵本『とくしまからきました』を出展されます。ぜひ、お出かけください。
 
美術の祭典第42回東京展「絵本の部屋」
開催期日:9月9日(金)〜16日(金)
開催会場:東京都上野公園・東京都美術館
会館時間:午前9時30分〜午後5時30分(入場は5時まで/最終日は午後2時まで)
入場料 :一般800円、学生・70歳以上、身障者と付添(1名まで)無料

くわしくは、こちら。
 
★やまざきじゅんよさんよりメッセージが届いています★

お時間のある方、どうぞ、徳島のことを見て下さい。よろしくお願いします。
 
 


2016.8.15

佐々木ひとみさん原作の映画「ゆずの葉ゆれて」公開!

佐々木ひとみさん作『ぼくとあいつのラストラン』(ポプラ社/鹿児島市椋鳩十児童文学賞受賞)を原作とした映画「ゆずの葉ゆれて」が、8月20日(土)より、有楽町スバル座をはじめ全国の映画館で順次上映されます。
 
 

映画「ゆずの葉ゆれて」
監督・脚本:神園浩司
原作:佐々木ひとみ
キャスト:松原智恵子 津川雅彦 山時聡真(子役) 西村和彦 小林綾子 吉本美代子
主題歌:元ちとせ「君の名前を呼ぶ」
 
公式サイトは、こちら。
関連サイトは、こちら。
 
★佐々木ひとみさんよりメッセージが届いています★
鹿児島市主催の「第二〇回 椋鳩十児童文学賞」を受賞した拙作『ぼくとあいつのラストラン』(ポプラ社)が、『ゆずの葉ゆれて』(主演:津川雅彦・松原智恵子)というタイトルで映画化されました。
「映画と原作は別もの」とよく言われますが、この映画は、大切な人との別れ、つながる想い、人と人との結びつきなど、原作の世界観をさらに膨らませ、子どもたちのみならずあらゆる世代に伝わるように仕上げていただけたと思っております。
 撮影は鹿児島市喜入地区、主題歌「君の名前を呼ぶ」は奄美大島ご出身の元ちとせさんと、鹿児島の方々からたくさんのご協力・応援をいただいて出来上がった映画です。鹿児島ならではの風景、風習もあわせてお楽しみいただければ幸いです。
 

 

2016.8.3

サークル「ひまわりの会」が、開設20周年と詩誌100号を記念した集いを開催します!

 
会員のまきたかしさんが代表を務める、当協会のサークル「ひまわりの会」が、夢塾「ひまわり」開設20周年と、詩誌「タムレ」100号記念の集いを開催します。
 
わがふるさと「日本の柏崎」を愛する集い
日時:8月28日(日)午後2時〜4時30分
会場:新潟県柏崎市「 市民プラザ・波のホール」
内容:
①講話「わたしにとっての『ふるさと・柏崎』」
講師 神林照道氏
②新歌曲「ああ わがふるさとよ」発表
まきたかし作詞 山田桂子作曲 北原保雄監修
演奏 コーラス・リリー 伴奏 山田桂子
③「自由」詩グループ「タムレ」詩誌一号から百号までの展示
④「自由」な歓談・歓宴
会費 5000円
申込締切 8月10日(水)
申込先 新潟県柏崎市城東2-3-5 夢塾「ひまわり」
Tel&Fax 0257-23-5060
主催 夢塾「ひまわり」
後援 柏崎文化協会 コーラス・リリー
 

お近くの方は、ぜひお出かけください。
 
 


2016.7.20

深山さくらさんの講演会が、山形県の小中学校で開催されます!

 
会員の深山さくらさんの講演会が、7月22日(金)、山形県の小中学校3校で開催されます。
 

◆7月22日(金)
10:30~11:30
山形県尾花沢市立玉野中学校 対象:全校生徒、保護者、教職員、他
演題「童話創作と私」
主催:玉野中学校同窓会・玉野中学校家庭教育子育て支援事業
 
◆同日
13:30~14:10
山形県尾花沢市立宮沢小学校 対象:全校児童、読み聞かせボランティア団体、他
演題「深山さくらの ほのぼのよみきかせ」
主催:宮沢小学校・子育ち講演会
 
◆同日
14:30~15:30
山形県尾花沢市立宮沢小学校 対象:保護者、教職員、読み聞かせボランティア団体、他
演題「童話に学ぶ ほのぼの子育て」
主催:宮沢小学校・子育ち講演会
 
*お問い合わせ、参加のご希望は、各学校へお願いします。
 
 
お近くの方は、ぜひお出かけください。お近くにお知り合いのいる方は、ぜひご紹介ください。
 
 


2016.7.19

第16回つばさ賞受賞作
 萩原弓佳さんの『せなかのともだち』が出版されました!

 
第16回創作コンクール つばさ賞の童話部門優秀賞受賞作、萩原弓佳さんの「はじめての握手」が、『せなかのともだち』というタイトルで出版されました。
 
 
 
『せなかのともだち』(PHPとっておきのどうわ)
作・萩原弓佳  絵・洞野志保
PHP研究所
 
★萩原弓佳さんより、メッセージをいただきました★
つばさ賞受賞の電話をいただいた時のことは、今でもよく覚えています。

あまりにも半信半疑だったので、最低限の受け答えだけで早々と電話を切ってしまい「もっと喜んだり、お話したりするべきだったかしら?」と後から心配になりました。
出版のお話をいただいたときも、すぐには信じられず、不安がつのり右往左往しましたが、挿絵を描いてくださった洞野志保さんをはじめ多くの方のお力のもと『せなかのともだち』は無事、立派な本となりました。
はじめての事ばかりで戸惑う私に、さまざまなことを教えてくださった児童文芸家協会のみなさまには、心から感謝とお礼を申し上げますとともに、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
 
 

萩原弓佳さん、おめでとうございます!

 
 


2016.6.29

おおぎやなぎちかさんの講演会が開催されます!

 
会員のおおぎやなぎちかさんの講演会 「ふつうの主婦が作家になった! 〜『しゅるしゅるぱん』ができるまで〜」が開催されます。
 
ふつうの主婦が作家になった! 〜『しゅるしゅるぱん』ができるまで〜
日時:7月10日(日)午後2時〜4時
講師:おおぎやなぎちかさん
場所:国分寺市本多公民館 講座室
*大人対象の講演会です。お申込不要。直接会場へお越し下さい。参加無料。
 おおぎやなぎさんのサインをご希望の方は著作本等をご持参ください。
*お問い合わせ:本多図書館 042-324-2022
 
(図書館ホームページの紹介より)
ふつうの主婦として二人の子どもを育てながら,短歌・俳句・童話などを「書く」ことで、 ○○ちゃんのお母さんではない一人の人間としての自分を確かめていた扇柳(おおぎやなぎ)さん。
本の出版という夢に向かって書き続け,昨年とうとう作家デビューをされました。
現在に至るまでのお話しや児童文学の魅力について語っていただきます。
 
 
今年、当協会の新人賞を受賞された、おおぎやなぎさんの講演会です。ぜひ、お出かけください。
 
くわしくは、こちらをご覧ください。
 
 


2016.6.27

かさいまりさんの『くれよんがおれたとき』、堀米薫さんの『あきらめないことにしたの』、国松俊英さんの『星野道夫 アラスカのいのちを撮りつづけて』が、夏休みの本(緑陰図書)になりました!

 
小学校低学年

かさいまり『くれよんがおれたとき』(絵・北村裕花/くもん出版) 
 
 
小学校高学年

堀米薫『あきらめないことにしたの』(新日本出版社)
 

国松俊英『星野道夫 アラスカのいのちを撮りつづけて』(PHP出版社)
 
 
上記の会員の作品が、全国学校図書館協議会選定の第49回夏休みの本(緑陰図書)に選ばれました。 
かさいさん、堀米さん、国松さん、おめでとうございます!
 
くわしくは、こちらをご覧ください。
 
 

2016.6.21

ささきありさんの『ふくろう茶房のライちゃん』が静岡県なつやすみ読書感想画コンクールの指定図書になりました!

 

 
会員のささきありさんの『ふくろう茶房のライちゃん』(絵・つがねちかこ/佼成出版社)が、第34回静岡県なつやすみ読書感想画コンクールの、小学校中学年向け指定図書に選ばれました。
 
ささきさん、おめでとうございます!
 
くわしくは、こちらをご覧ください。
 
 

2016.6.10

いとうみくさんの『二日月』と、中村文人さんの『コロッケ先生の情熱! 古紙リサイクル授業』が、青少年読書感想文全国コンクールの課題図書にまりました!

 
 

 
会員のいとうみくさんの『二日月』(そうえん社)と、中村文人さんの『コロッケ先生の情熱! 古紙リサイクル授業』(佼成出版社)が、第62回 青少年読書感想文全国コンクールの、小学校中学年向け課題図書に選ばれました。
 
いとうさん、中村さん、おめでとうございます!
 
くわしくは、こちらをご覧ください。
 
 

2016.6.6

すとうあさえさんの『ざぼんじいさんのかきのき』が、NHKラジオで取り上げられます!

 
会員のすとうあさえさんの『ざぼんじいさんのかきのき』が、
NHKラジオ「 NHKアナウンサーとともに ことば力アップ」に取り上げられます。

 
★すとうあさえさんより、メッセージが届いています★
『ざぼんじいさんのかきのき』(すとうあさえ文・織茂恭子絵/岩崎書店)が、NHKラジオ「NHKアナウンサーとともに ことば力アップ」(放送日 毎週土曜日午後9:30〜9:45、再放送は翌週水曜日午後10:15〜10:30、土曜日午前8:15〜8:30)に登場します。「子どもとつながる読み聞かせ 読み分けしてみよう」というテーマで、『ざぼんじいさんのかきのき』の一部がとりあげられ、読み分け方についてアナウンサーの方が解説してくれます。放送は6月11日。再放送は6月15日、18日。私も参考にさせてもらい、子どもたちの前で「ざぼんじいさん」を読み分けしてみようと思います。
NHKテキスト『 NHKアナウンサーとともに ことば力アップ』(NHK出版)も発売中。
すとうあさえ
 
番組情報
NHKラジオ第2 
「NHKアナウンサーとともに ことば力アップ」
子どもとつながる読み聞かせ(2)
放送:6月11日(土)午後9時30分〜45分
再放送:6月15日(水)午後10時15分〜30分、18日(土)午前8時15分〜30分
番組情報はこちらです。
テキストはこちら等で購入できます。

 
ぜひご試聴ください。
 
 
 
 

2016.5.23

深山さくらさんが、上山市立図書館移転開館20周年記念事業で、トークショーと読み語りに出演されます!

 
会員の深山さくらさんが、山形県上山市立図書館移転開館20周年記念事業「かみのやまライブラリーフェスタ20」で、トークショーと読み語りに出演されます。
 
かみのやまライブラリーフェスタ20
期間:6月4日(土)〜26日(日)
会場:上山市立図書館内特設会場
トークショー:6月4日(土)14:00〜15:30 *要申込
深山さくらさん読み語り:6月5日(日)10:30〜11:30
*トークショーの参加申込は、5月31日(火)までに、図書館へ(tel.023-766-0850)。
 

 
山形県上山市は、深山さんの故郷です。お近くの方、ぜひお出かけください。
 
 
 

深山さんより、盛会だったとのご報告をいただきました☆
 
 

2016.5.17

すとうあさえさんのラジオ番組が、引き続き放送されています!

  
会員のすとうあさえさんがパーソナリティを務めるラジオ番組JFNサードプレイス「すとうあさえのともいき暦」が、引き続き放送されています。

 
★すとうあさえさんよりメッセージが届いています★
2015年4月より、社会に出てもう一度学び直したいと思っている大人の方に向けて、「ライフスタイルデザイン」を考えるラジオ番組「サードプレイス」でパーソナリティをつとめさせていただいています。
私のライフワークでもある「季節の行事や遊び、暮らし」を、季節の歌を交えながら24節気ごとにお話しています。
私が脚本を書き、選曲もしています。番組が放送されている地域で、早起きの方に聴いていただけたら嬉しいです。2クール目にはいり、新たに72候のお話、季節にあった童話も紹介しています。
 
東京と近県には放送されていませんが、青森から沖縄まで全国31FM局で流れています。
毎月第3、第4水曜日、朝5:30から6:00。
ネット局は下記ホームページへ。
 
 
お話だけでなく、脚本も、選曲も! 
放送されるエリアの方は、ぜひご試聴ください。
 
 


2016.5.13

ひろいれいこさんの作品が、日本新薬こども文学賞の佳作に選ばれました!

  
会員のひろいれいこさんの作品が、第八回 日本新薬こども文学賞の物語部門・大人の部で、佳作に選ばれました。
作品名は、「くま鈴の音」です。
 
★ひろいれいこさんよりメッセージが届いています★
テレビに冬山がうつると、ひとりぼっちの熊が、鼻をクスンクスンならしながら、眠っているような気がします。なんとか元気になってもらいたくて、いろいろ考えました。今回は、「くま鈴」をわたすことができたので、ほっと一安心。次は、冬山のリスのために、キツネのために、お話をつくるかもしれません。
このたび、このような賞をいただけましたことを、心より感謝いたします。これからも、登場人物が、そして、読んでくれた人が、ほっとするようなお話を、書きたいと思います。本当にありがとうございました。
 
ひろいさん、おめでとうございます!
 
日本新薬こども文学賞については、こちらをご覧ください。
 
 


2016.5.12

すとうあさえさんの『はしれディーゼルきかんしゃデーデ』、光丘真理さんの『ようこそ、ペンション・アニモーへ』、大原興三郎さんの『空飛ぶのらネコ探検隊 アフリカゾウ 大ピンチ』、広瀬寿子さんの『かぐや姫のおとうと』、いとうみくさんの『空へ』、若田光一さん、高橋うららさんの『宇宙への夢、力いっぱい!』が、西日本読書感想画コンクール指定図書になりました!

 

すとうあさえ『はしれディーゼルきかんしゃデーデ』(絵・鈴木まもる/童心社)
 

光丘真理『ようこそ、ペンション・アニモーへ』(絵・岡本美子/汐文社)
 

大原興三郎『空飛ぶのらネコ探検隊 アフリカゾウ 大ピンチ』(絵・こぐれけんじろう/文溪堂)
 

広瀬寿子『かぐや姫のおとうと』(絵・丹地陽子/国土社)
 

いとうみく『空へ』(絵・danny/小峰書店)
 

若田光一・高橋うらら『宇宙への夢 力いっぱい!』(PHP研究所)
 
 
上記の会員の作品が、第60回西日本読書感想画コンクール指定図書に選ばれました。
くわしくは、こちらをご覧ください。
 
すとうさん、光丘さん、大原さん、広瀬さん、いとうさん、高橋さん、おめでとうございます!
 
 

2016.5.10

深山さくらさんの『なかよしヤギ一家の ECOプロジェクト』が、青少年読書感想文全国岡山県コンクール指定図書になりました!

 

 
会員の深山さくらさんの『なかよしヤギ一家の ECOプロジェクト(はじめてのノンフィクションシリーズ)』(佼成出版社)が、平成28年度青少年読書感想文全国岡山県コンクール指定図書(小学校中学年)に選ばれました。
 
深山さん、おめでとうございます!
 
 

2016.5.6

こやま峰子さん原作・作詩による、朗読と音楽で綴る3部作
「愛と平和への願い」が開催されます!

 
会員のこやま峰子さんの3作品『いのりの石』『地雷のあしあと』『たからものがいっぱい』を朗読や歌で表現する、「愛と平和への願い」が開催されます。
 

 
朗読と音楽で綴る3部作「愛と平和への願い」
日時:2016年5月28日(土)13時30分開演
会場:横浜市市民文化会館 館内ホール(小ホール)
原作・作詩:こやま峰子
作曲:中村守孝
全席自由 一般4,000円/子供(中学生以下)2,000円
お問い合わせ・チケット販売:中村音楽センター 045-261-1607
チケットお取り扱い:関内ホールチケットカウンター 045-662-8411
 
ぜひ、お出かけください!
 
 

2016.5.2

中村文人さんの『コロッケ先生の情熱! 古紙リサイクル授業』が、新潟県読書感想文コンクール課題図書になりました!

 


 
会員の中村文人さんの『コロッケ先生の情熱! 古紙リサイクル授業』(佼成出版社)が、第45回新潟県読書感想文コンクール課題図書(小学校中学年)に選ばれました。
中村さん、おめでとうございます! 
 
 


2016.4.28

井上こみちさんが、
 広島・2016 連続講座のトークセッションに出演されます!

 
会員の井上こみちさんが、<ヒロシマ・2016 連続講座> 第6回 被爆証言に向き合って(1)に出演されます。
 
茅ヶ崎で原爆の詩や手記の朗読をつづけている宇都純子さん、井上こみちさんの『ヒロシマ 8月6日、少年の見た空』に登場する、原爆により12歳で命を落とした三重野杜夫くんの姉・茶本裕里さんとともに、原爆と戦争について語ります。
 


 
<ヒロシマ・2016 連続講座> 第6回 被爆証言に向き合って(1)
日時:5月21日(土)13:00〜16:00
場所:愛恵ビル3階(公益財団法人 愛恵福祉支援財団)
   東京都北区中里2−6−1
お話:宇都純子さん 茶本裕里さん 井上こみちさん
参加費:1,000円(当日会場で集めます)
申込先:竹内良男さんまで
    電話 090-2166-8611
    メール qq2g2vdd@vanilla.ocn.ne.jp
 
ぜひ、お出かけください。事前のお申し込みが必要です。
 
 


2016.4.22

三好清子さんの活動がテレビで紹介されます!

 
会員の三好清子さんが、ご自宅の窓を使って続けていらっしゃる、詩やメッセージの掲示が、関西テレビの情報番組「よ〜いドン!」で紹介されます。
 
三好さんは、3年前にいまのご自宅に引っ越されたときから、道路に面した窓に、自作の詩や「アトリエ通信」と題したメッセージを掲示されています。ちょうどその道は中学校の通学路で、毎日多くの子どもたちが窓の掲示を見て、おしゃべりをしているそうです。ときどき郵便受けに手紙が入っていたり、中学校の生徒会からお礼のカードが届いたり、雨が降ってきたら子どもたちを雨宿りさせたりと、窓をきっかけに中学生との交流を続けているそうです。
その様子は、昨年、朝日新聞に「窓通信」と題して大きく取り上げられました。
今回は、テレビで紹介されるとのこと。放送日が確定されていないようですが、関西地方の皆さま、ぜひご覧ください。
 
関西テレビ「よ〜いドン!」
月〜金曜 午前9時50分〜11時15分放送
5月2日(月)〜6日(金)の週のどこかで放送されるそうです。 
 
 
 
 


2016.4.19

佐々木ひとみさん原作の映画が公開されます!

 
会員の佐々木ひとみさんの作品『ぼくとあいつのラストラン』(ポプラ社)を原作とした、鹿児島市椋鳩十児童文学賞記念映画「ゆずの葉ゆれて」が、この夏、公開されます。
8月20日(土)に有楽町スバル、鹿児島天文館シネマパラダイスで先行公開。秋より全国ロードショーの予定です。
佐々木ひとみさん、おめでとうございます。たくさんの方に観てもらえますように!
 
映画「ゆずの葉ゆれて」
監督・脚本:神園浩司
原作:佐々木ひとみ
キャスト:松原智恵子 津川雅彦 山時聡真(子役) 西村和彦 小林綾子 吉本美代子
主題歌:元ちとせ「君の名前を呼ぶ」
 
公式サイトは、こちら。
関連サイトは、こちら。
 
★佐々木ひとみさんよりメッセージが届いています★
鹿児島市主催の「第二〇回 椋鳩十児童文学賞」を受賞した拙作『ぼくとあいつのラストラン』(ポプラ社)が、『ゆずの葉ゆれて』(主演:津川雅彦・松原智恵子)というタイトルで映画化されました。
「映画と原作は別もの」とよく言われますが、この映画は、大切な人との別れ、つながる想い、人と人との結びつきなど、原作の世界観をさらに膨らませ、子どもたちのみならずあらゆる世代に伝わるように仕上げていただけたと思っております。
 撮影は鹿児島市喜入地区、主題歌「君の名前を呼ぶ」は奄美大島ご出身の元ちとせさんと、鹿児島の方々からたくさんのご協力・応援をいただいて出来上がった映画です。鹿児島ならではの風景、風習もあわせてお楽しみいただければ幸いです。
 
 
ぜひ、映画館に足をお運びください。
 
 
 


2016.4.6

おおぎやなぎちかさんの講演会が開催されます!

 
会員のおおぎやなぎちかさんの講演会「心を育む本との出会い〜日野に暮らして、物語をつむぐ」が、開催されます。
おおぎやなぎちかさんは、『しゅるしゅるぱん』で児童文芸新人賞を受賞されました。
 
おおぎやなぎちか氏
「心を育む本との出会い 〜日野に暮らして、物語をつむぐ
日時:4月24日(日)10時半〜12時(10時開場)
会場:イオンモール多摩平の森3階 イオンホールB
定員:80名(無料) 先着順(要予約)
申込:日野市立中央図書館 042-586-0584 または直接窓口へ
主催:日野市立中央図書館
詳細は、こちらから。

 
おおぎやなぎさんは、初めての講演会だそうです。
ぜひ、お出かけください。(予約が必要です)
 
 


2016.3.30

漆原智良さんと正岡慧子さんが、
 ニッポン放送「みんなの作文」に出演されます!

 
会員の漆原智良さんと正岡慧子さんが、ニッポン放送のラジオ番組「みんなの作文」に出演されます。
全国の小学生・中学生・高校生から寄せられた作文を取り上げ、パーソナリティの新山千春さんとともに、作文の感想や書き方のコツなどを楽しくお喋りされるそうです。
 
ニッポン放送「みんなの作文」
毎週月曜 午後9時〜9時30分
ネット局/朝日放送‥午後9時15分〜9時45分、東海ラジオ放送‥午後9時〜9時30分
パーソナリティ 新山千春
くわしくは、番組ホームページをご覧ください。
こちらから、インターネットでラジオを聞くこともできます。
 
 
◎漆原智良さんの出演日は、4月4日(月)、11日(月)、17日(日)*、25日(月)、5月16日(月)、23(月)です。
*この週はニッポン放送のみ17日(日)午後8時30分〜の放送。(ネット局は18日午後9時〜)
 
◎正岡慧子さんの出演日は、5月2日(月)、9日(月)です。
 
漆原さんも正岡さんも、上記の放送日以降も、継続的に出演されることになりました。


子どもはもちろん、大人が聞いても楽しい内容です。
創作のヒントも見つかるかもしれません。
ぜひ、ご視聴ください!
 
 


2016.3.28

かこまさみさんの作品が、
 あたらしい創作絵本大賞で佳作に選ばれました!

 
会員のかこまさみさんの作品が、絵本教室・編集・印刷「アミーニ」が主催する、第7回「あたらしい創作絵本大賞」で佳作に選ばれました。
受賞作:「わしわし たわし」
 
くわしくは、こちらをご覧ください。
 
かこさんは、2月にもふたつの賞を受賞されました。
創作への意欲が実を結んでいますね。おめでとうございます!

 
 


2016.3.25

漆原智良さんの
「物語の原画展」と読書講演会が開催されます!

 
会員の漆原智良さんと画家の山中桃子さんによる『洪水にいどんだ金次郎』と『ぼくと戦争の物語』の原画展が開催されます。
また、会期中の4月16日(土)には、漆原さんによる読書講演会「書いたり読んだり楽しもう」が開かれます。
 
  

 
 
【漆原智良・山中桃子展 〜物語の原画展〜】
日時:4月1日(金)〜5月22日(日)  開館時間 午前9時〜午後9時30分
場所:宇都宮市立南図書館 エントランスロビー展示ケース
宇都宮市雀宮町56−1 TEL.028-653-7609
休館日:月曜日
*観覧無料
 
【読書講演会「書いたり読んだり楽しもう」】
漆原智良さんが、童話の書き方や素晴らしさ、著書の「ぼくと戦争の物語」の作品秘話などを伝えます。
日時:4月16日(土) 午後2時〜3時30分
場所:宇都宮市立南図書館 会議室
定員:先着50名
申込:4月3日(日)9時30分から、電話 028-653-7609(南図書館)にて受付
 
ぜひお出かけください! 読書講演会は、お申し込みが必要です。
 
 

2016.3.22

こやま峰子さんが原作/作詞をされた
 朗読と音楽で綴るジョルジュ・サンド物語
 「ノクターンの旅路  ショパンとの愛の日々」の

 コンサートが開催されます。

 
会員のこやま峰子さんが原作と作詞を手掛けられた、朗読と音楽のコンサートが開催されます。
 
<プログラム>
第1部「ショパンアルバム」 
アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネース(オケパート付)
幻想即興曲、ノクターン、ワルツ 他
第2部 朗読と音楽で綴るジョルジュ・サンド物語
    「ノクターンの旅路 ショパンとの愛の日々」
 
原作/作詞:こやま峰子 作曲:中村守孝
演出:畑圭之助
朗読:かとうかずこ ピアノ:須江太郎
エレクトーン:長谷川幹人 歌:伊東えり
 

 
【朗読と音楽で綴るジョルジュ・サンド物語 ノクターンの旅路 ショパンとの愛の日々】
日時:4月10日(日) 開演14時(開場13時30分)
場所: 横浜市鶴見区民文化センター サルビアホール 
全席指定 前売り5,000円 当日5,500円
WEB予約  中村音楽センターオンラインチケットサービス
電話予約 カンフェッティチケットセンター 0120-240-540(平日10:00~18:00)
 
 
★こやま峰子さんからメッセージをいただきました★ 
現在、女性があらゆるジャンルで才能を駆使し活躍できるようになったのは、かつて社会に向かって心血を流し、闘った女性がいたからに違いありません。200年前、女性がものを書くことは教養の一部とみなされていました。ジョルジュ・サンドは、子どもと生きていくための生活の糧をえようとペンを握りしめ、思いを綴った最初の人。女流作家のパイオニアです。彼女がジャーナリストとして新聞記事を書いた時、女性の立場をわきまえないと酷評されました。けれどサンドは、めげずに仕事をこなしていきます。1832年、28歳の時に発表した『アンディアナ』では、女性の権利を認めない結婚制度を告発し、女性の自由を束縛する社会制度を物語の中で鋭く批判しました。社会の矛盾を突く作品で、今を生きる私たちに指針を授けてくれたのです。小説が売れ、芸術家たちと交流するようになったサンドは、ショパンと出会い、約10年いっしょに暮らします。その間にショパンは数々の名曲を作曲しますが、サンドの元を去ることになり、その2年後に39歳で亡くなります。シングルマザーとしてふたりの子どもを育て、体の弱いショパンには母親のような愛を注いだ、ジョルジュ・サンド。その生き様を現代の人たちにぜひ知っていただきたいと思います。
 
 
ご興味にある方、ぜひお出かけください!

 
 

2016.3.16

しげたにやすこさんが、家の光童話賞を受賞されました!

 
研究会員のしげたにやすこさんが、第30回「家の光童話賞」を受賞されました。
全国1265編の作品から選ばれた、最優秀賞にあたる賞です。
受賞作:「キンカンジャムの季節です」
 
雑誌「家の光」の1月号に、作品が掲載されたそうです。
くわしくは、こちらをご覧ください。
 
しげたにさん、 おめでとうございます!
 
 


2016.3.10

赤木きよみさん、石神誠さん、だんちあんさん、
 うたかいずみさん、岡村佳奈さん、国元アルカさん、
 畑中弘子さん、森くま堂さん、白矢三恵さん、
 中住千春さん、西村さとみさんが参加する、
 神戸文学館企画展「おはなしの森の物語」が開催されます!

 
神戸新聞日曜版の子育て欄「すくすく」でリレー連載をしている、児童文学「おはなしの森」。そのお話をまとめたアンソロジー『おはなしの森3』の出版を記念して、神戸文学館にて企画展「おはなしの森の物語」が開催されます。
 

 
【おはなしの森の物語】
日時:3月18日(金)〜5月15日(日) 
   平日午前10時〜午後6時、土日祝日午前9時〜午後5時
   毎週水曜日休館(休日の場合は翌日)
場所: 神戸文学館 TEL.078-882-2028
入場無料
 
当協会からは、11名の会員が参加されます。
赤木きよみさん、石神誠さん、だんちあん(石橋達夫)さん、
うたかいずみさん、岡村佳奈さん、国元アルカさん、
畑中弘子さん、森くま堂(佐藤亮子)さん、白矢三恵さん、
中住千春さん、西村さとみさん
 
 
★畑中弘子さんからメッセージをいただきました★
2001年4月、日本児童文芸家協会主催の「児童文芸のつどい2001」が神戸で開かれました。その折に出会った神戸新聞の記者の方に、「この地域には多くの童話作家がいます。新聞に物語を書かせてもらえないだろうか」と話したことがきっかけでした。
それから2年が過ぎ、2003年秋に突然、神戸新聞文化部の方から電話があり、「おはなしの森」コーナーの誕生となりました。2004年1月から今日まで、月替わりでの物語で147話を数えます。
掲載作品が100話を越えた、2012年4月、「おはなしの森」第1巻が神戸新聞総合出版センターから出版されました。2013年7月に第2巻目、昨2015年9月に「おはなしの森3」が出版されました。
学校での「朝の読書」の時間や「読み語りの会」で読んでたいただいたり、また作家ご自身が絵本や人形劇にしてこどもたちに届けたりとの広がりに発展していきました。
この度、神戸文学館にて、「おはなしの森」3巻掲載作家24名を中心にした企画展を開いて頂くことになりました。24名のうち、協会員は11名。写真入りプロフィールや手書き原稿や関連グッズなどの展示を楽しんでいただきたいです。そして今回の基になりました「おはなしの森」「おはなしの森2」「おはなしの森3」(神戸新聞総合出版センター)がさらに多くの方々に読んでいただき、利用していただけますよう願っています。
神戸へお越しの折には神戸文学館への立ち寄り時間1,2時間の余裕、どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
関西方面にお住まいの方や、関西に行く予定がおありの方、ぜひお出かけください!

 
 

2016.3.7

江森葉子さんが、小川未明文学賞優秀賞を受賞されました! 

 
会員の江森葉子さんが、第24回小川未明賞 優秀賞を受賞されました。
受賞作:「停車場通りのものがたり ーみんな、生きた。昭和10年オムニバスー」
くわしくは、こちらをご覧ください。
 
★江森葉子さんからメッセージをいただきました★
この作品は、停車場通りの時計屋を舞台に、店にかかわりのある少年少女た5人の暮らしを描いたオムニバスです。時代はおよそ80年前、場所は 東北北部のみなと町、背景には昭和三陸大津波、凶作不況、二・二六事件などあやうい世相…。そんな中でもみんな前を向いて生きました。地味な作品ですが、このような評価をいただき、たいへん有難く思います。これを励みに、これからも「前を向いて」、書いていきます。ありがとうございました。
 
江森さん、おめでとうございます!
 
 


2016.2.29

穂高順也さんと山口マオさんの
 トークショーが開催されます! 

 
会員の穂高順也さんの新刊絵本『よるのさかなやさん』の絵を描いている、山口マオさんの展覧会で、同作の原画が展示されるほか、穂高順也さんとのトークショーも行われます。
 

 
【山口マオ絵本と新作展】
日時:3月28日(月)〜4月9日(土) 日曜休み
   11:00〜19:00(土曜日は17:00まで)  
会場: Pinpoint Gallery 
   東京都港区南青山5−10−1 二葉ビルB1F 03-3409-8268
 
山口マオさん × 穂高順也さん トークショー
日時:3月28日(月)18:00〜19:30
料金:1,000円 ワンドリンク付き
定員:先着30名 要予約 
予約申込み開始日:3月16日(水)11:00〜
電話またメールにて、お名前、人数、電話番号をお知らせください。
 
★穂高順也さんからメッセージをいただきました★
(何の教訓も教養も心の成長も望めませんが、そんなものは糞くらヱ)
穂高らしく愉しい絵本ですので、是非お買い求めください。文溪堂刊『よるのさかなやさん』です。
 
メッセージはいささかカゲキですが、”安心してください”、ご本人はとってもオチャメな方です。
ご興味のある方は、ぜひお出かけください。要予約です。
 
 
 

2016.2.22

北川チハルさんのおはなしライブが開催されます! 

 
3月26日(土)に、会員の北川チハルさんのおはなしライブが、京都の書店で開催されます。読み語りのほかに、楽しい遊びのコーナーもあるようです。
 
【北川チハルおはなしライブ】
日時:2016年3月26日(土) 午後3時から
会場:大垣書店 京都ファミリー店 店内児童書売り場
内容:北川チハルの絵本の読み語り、手あそび、ぬりえ遊びなど 
 
★ 北川チハルさんからメッセージをいただきました★
お近くの方、どうぞ遊びにきてくださいね。
 
ぜひお出かけください。
 
 


2016.2.18

松井ラフさんの講演会が開催されます! 

 
第14回 うつのみや童話の会 講演会で、会員の松井ラフさんが講演をされます。
「愛される作品を目指して」、素敵なタイトルの講演会です。
 
【第14回 うつのみや童話の会 講演会「愛される作品を目指して」】
日時:2016年3月13日(日)
   午後1時30分より3時まで(終了後、講師を囲んでの懇親会)
講師:松井ラフ
会場:鹿沼市立図書館
定員:40名(先着順)入場無料
参加お申し込み先:028-627-2975(高橋秀雄様方 うつのみや童話の会)
主催:うつのみや童話の会
 
 
★松井ラフさんからメッセージをいただきました★
物語を書き始めたきっかけから、文章修業、出版への道のり、創作への思いなどをお話ししたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。
 
ご興味のある方、ぜひお出かけください。事前のお申し込みが必要です。
 
 
 


2016.2.16

同人誌『青おに』第20号発刊お祝いの会と、
 漆原智良さん児童ペン賞大賞受賞祝賀会が開催されます! 

 
山形県で活動するサークル「青おに童話の会」が、同人誌『青おに』第20号を発刊されました。 第20号をひとつの節目として、お祝いの会を開催されるそうです。
また、講師をつとめる漆原智良さんが、昨年『ぼくと戦争の物語』で日本児童ペンクラブの第1回児童ペン賞大賞を受賞された祝賀会も、同時に開催されます。
価値あるふたつのお祝い、おめでとうございます。
ご関係者の皆様、ご興味のある方は、どうぞご参加ください。
 
日時 3月6日(日)11:30〜
 
場所 割烹旅館よしのや
山形県東置賜郡高畠町大字福沢417−12
TEL.0238-57-2023
 
会費 5,000円 
 
お問い合わせ 青おに童話の会の長谷部恵美子さんか、漆原智良さんに直接お願いします。
 
 


2016.2.16

漆原智良さんの講演会
「泣いて笑ってイキイキ人生」が開催されます! 

 
会員の漆原智良さんの講演会「〜学校では教わらない、人生の授業〜 泣いて笑ってイキイキ人生」が、宇都宮市で開催されます。ぜひご参加ください。
 

 
【泣いて笑ってイキイキ人生】
日時 2月29日(月)18:30〜20:00
場所 栃木県青年会館 コンセーレ
栃木県宇都宮市駒生1−1−6  TEL.028-624-1417
参加無料 
参加ご希望の方は、ここをクリックしてA4サイズのお申込用紙をダウンロードし、ご記入の上ファクスをしてください。 
お問い合わせ 028-612-6017(事務局)
 
 

2016.2.15

こやま峰子さんの
 『たからものがいっぱい!』絵本原画展が開催されます!

 
     
 
 
『たからものがいっぱい!』
絵:キューバの子どもたち/ことば:こやま峰子
フレーベル館

 
絵本原画展「たからものがいっぱい!」
〜キューバの子どもたちが描いた“たからもの”、家族、自然、そして平和〜
2月16日(火)〜3月6日(日)、大田区千鳥のお茶がのめる絵本のお店「ティール・グリーン in シード・ヴィレッジ」で、『たからものがいっぱい!』の絵本原画展が開催されます。キューバの子どもたちが描いた“たからもの”の絵に、会員のこやま峰子さんが詩をつけた絵本の原画展です。ぜひお出かけください。
 
20日には、おはなし会もあります。要予約だそうです。
【こやま峰子さんのおはなしを聴く会】
日時 2月20日(土)14:00〜15:00
定員 20名(要予約) 参加費 500円(お茶・お菓子付き)
 
 
場所 ティール・グリーン in シード・ヴィレッジ
大田区千鳥2−30−1(東急多摩川線「武蔵新田」駅より徒歩4分)
TEL.03-5482-7871
open 11:00〜18:00 定休日 月曜・第2火曜 
 
 


2016.2.11

ささきありさんの『おならくらげ』について語り合う
「バレンタインデーには本を贈ろう!」が開催されます!

 
     

 
2月14日(日)、東京女子書評部が「バレンタインデーには本を贈ろう!」というイベントを開催します。
その第1部は、チョコレート菓子とドリンクをいただきながら、会員のささきありさんの新刊『おならくらげ』について語り合う、という楽しい企画。ささきありさんのサイン会もありそうです。
 
第2部は、お気に入りの児童書や絵本を紹介し合うコーナー。
また、2月14日は「International Book Giving Day(本を贈る日)」ということで、誰かに贈ってもいい児童書や絵本を透明のラッピング袋に包み、おすすめメッセージを添えて持参すれば、被災地に届けてくださるそうです。
 
チョコレートと、本と、おしゃべりと。
ほっこり楽しいイベントになりそう。ぜひご参加ください。
 
【バレンタインデーには本を贈ろう!】
日時 2月14日(日)14:00〜17:00
場所 「カフェバー ル・タン
   新宿区新宿3−31−5新宿ペガサス館B1 TEL.03-3351-9099
 
会費 1000円(チョコレート菓子とドリンク付き)
 
お問い合わせ ささきありさんに直接か、
       東京女子書評部 主宰 高倉さんまで 
 
より詳しい情報はこちらをご覧ください。 
 
 


2016.2.10

かこまさみさんが
「伊丹テレホン童話」に入選、

「食農教育紙芝居コンクール」で最優秀賞を受賞されました!

 
会員のかこまさみさんが、第34回伊丹テレホン童話に入選されました。
受賞作:「クータといえくん」
テレホン童話とは、伊丹市女性児童センターが主催する童話放送で、電話、あるいはホームページで朗読を聞くことができます。
かこさんの「クータといえくん」は、3月放送予定だそうです。
 
【テレホン童話】
電話 072-773-0874
ホームページ http://www.itami-danjo.jp/tel/1502.html
 
同じく、かこまさみさんが、JA(農協)グループの「家の光」が主催する、第6回食農教育紙芝居コンクールの最優秀賞を受賞されました。
受賞作:「みみずずんずん」
ホームページから、作品をダウンロードできます。
画面上で見られるほか、プリントして実際に紙芝居として演じられるようになっています。使用上の注意をよくお読みの上、ぜひご活用ください。
 
【第6回食農教育紙芝居コンクール】
最優秀賞「みみず ずんずん」のダウンロードは、こちらから。
入賞作品一覧は、こちらから。
 
W受賞、おめでとうございます!!
 
 


2016.1.26

童話勉強会くにたちが
「同人誌創刊記念の集い」を開催します!

 
     

 
結成3年を迎える、童話勉強会くにたちが、同人誌を創刊しました。
おめでとうございます!
 
2月20日(土)に、「同人誌創刊記念の集い」が開催されます。 
講話、ランチ、交流会、と充実した内容です。
 
くにたちの代表、かとうけいこさんからも
「児童文芸の輪が広がりますように‥‥」というメッセージが届いています。
ぜひご参加ください。
 
==========

童話勉強会くにたち
「同人誌創刊記念の集い」

 
日時 2016年2月20日(土)
場所 羽村市生涯学習センター ゆとろぎ レセプションホール
   東京都羽村市緑ヶ丘1-11-5 TEL.042-570-0707
   羽村駅東出口から徒歩9分
 
【第1部 講演会】
10:00       開会のことば
10:10〜10:40 講話1「鬼と童話の関係」大川純世氏
10:40〜11:30 講話2「想像のつばさ広げて!」漆原智良先生
11:30       閉会のことば
 
【第2部 ランチとともに交流会】 (ランチ代1,000円)
12:00       祝辞
            乾杯
            歓談
14:00       閉会のことば
                    以上
 
参加お申し込みとお問い合わせ:
かとうけいこさんまでメールでお願いします。
==========
 
 


2016.1.25

すとうあさえさんのラジオ番組、
 JFNサードプレイス「すとうあさえのともいき暦」が
 放送中です! 

 
すとうあさえさんより届いたメッセージをご紹介します。
 

==========

昨年の4月(清明の節気)より、社会に出てもう一度学び直したいと思っている大人の方に向けて、「ライフスタイルデザイン」を考えるラジオ番組「サードプレイス」でパーソナリティをつとめさせていただいています。
私のライフワークでもある「季節の行事や遊び、暮らし」を、季節の歌を交えながら24節気ごとにお話しています。
番組が放送されている地域で、早起きの方に聴いていただけたら嬉しいです。ちょうど、今年の3月(春分の節気)で一巡り。3月までは放送されると思います。

  ・   ・   ・   ・

東京と近県には放送されていませんが、青森から沖縄まで全国31FM局で流れています。
毎月第3、第4水曜日、朝5:30から6:00。ネット局はこちらのホームページへ

==========

 
季節の歌も楽しめるのは、ラジオならではですね。
次の放送予定は、1月27日、2月17日、24日(すべて水曜)です。
放送されるエリアの方は、ぜひ早起きして視聴してみてください!
 
 


2016.1.5

萩原弓佳さんが
「子どもたちに聞かせたい創作童話」で入選されました! 

 
会員の萩原弓佳さんが、かごしまメルヘン館「第37回 子どもたちに聞かせたい創作童話」第2部(小学校 中、高学年向けの作品)で、入選されました。
受賞作:「お子さまディナー」
おめでとうございます!
くわしくは、こちらから
 
萩原さんは、昨年12月に発表された、第2回クリエイティブメディア出版 絵本児童書コンテスト 児童書部門でも、「虹と雲つむぎ」という作品で、最優秀部門賞を受賞されました。
Wでおめでとうございます!
 
 


「会員からのお知らせ」に掲載する情報は、受賞のお知らせ、展覧会や講演会などイベントのお知らせ、ご自身の出演や著書の朗読など放送のお知らせ、課題図書指定(都道府県以上)などが対象となります。
講座の受講生募集など継続的な営利に関連すること、また個人的な呼びかけについては、掲載を見合わせていますのでご了承ください。

News&Books