矢部美智代プロフィール

当協会理事長・矢部美智代のプロフィールをご紹介します。 

矢部美智代 プロフィール

 
東京生まれ。慶應義塾大学文学部国文学科卒。作家・演劇評論家・芸術院会員 戸板康二氏助手を経て創作活動に入る。
1987年より講談社フェーマススクールにて2年間、1988年より日本児童教育専門学校にて20年間、週1日2コマの児童文学関連講座を担当し、児童文学作家を志す学生の指導にあたる。
1991年に日本児童文芸家協会理事、1999年に常務理事(育成委員長・「児童文芸」編集代表・文芸振興部長)を経て、2013年に理事長就任。
 
【その他・現在】
・日本児童文芸家協会賞選考委員
・創作コンクールつばさ賞最終選考委員・文部科学大臣賞選考委員
・ひろすけ童話賞最終選考委員
・東京都千代田区主催 ちよだジュニア文学賞最終選考委員
・公益財団法人才能開発教育財団主催 全国作文コンテスト本審査員
 
【その他主な所属団体】
・公益社団法人日本文藝家協会
・公益財団法人浜田広介記念館理事
・子どもの読書推進会議委員
 
【創作単行本】
『ぼくたちまん中ぐみ』(ひさかたチャイルド)で単行本デビュー。6冊目の『雨あがりのウエディング』(講談社)が青少年読書感想文全国コンクール高学年課題図書となり、20万部を突破する。
その後、高学年読み物から絵本まで多数手掛けるが、主な作品として、
『銀色のクレヨン』(PHP研究所・読書感想画中央コンクール高学年指定図書)
『なきむしはるのくん』(PHP研究所・第12回ひろすけ童話賞受賞)
『かげまる』(毎日新聞社・青少年読書感想文全国コンクール中学年課題図書)
『木もれ日のむこうに』(国土社・緑陰図書高学年)
『いけっ! ぼくのハヤテ』(国土社・小学校3年国語教科書<光村図書>掲載)
『もどれっ! ルイ』(国土社・先生のすすめる夏休みすいせん図書)  等多数。
最新刊は、『あかちゃん、がんばれ!』(フレーベル館・4歳より)。
 
その他、監修・再話文として『思いやりとやる気をはぐくむ よみきかせ33話』、『おともだち よみきかせえほん おはなしいっぱい! 41話』(共に講談社)、『夢が広がる伝説の世界 星座と神話』(ナツメ社)、『どうわえほん ゆめのプリンセス』(宝島社)等、シリーズ執筆として『国際版ディズニーおはなし絵本館』(講談社)等。他に、雑誌、幼年誌、新聞の連載創作、書評、随筆等多数。
1991年、神奈川県の逗子から箱根外輪山明神ケ岳の山麓、南足柄に転居。