協会五賞

当協会では毎年、すぐれた児童文芸作品と、児童文化に貢献された方々に賞を贈呈しています。贈呈式は、毎年5月に華やかに行われます。それぞれの賞と過去の受賞者をご紹介します。
協会五賞TOP >>       協会賞 >>       新人賞 >>       幼年文学賞 >>       ノンフィクション文学賞 >>       文化功労賞 >>        贈呈式の模様  >> 

日本児童文芸家協会賞

 
1978(昭和51)年に設けられた賞で、1年間に出版された当協会会員の作品のなかから、最優秀と認められた著作に贈られます。
 
【第40回 2016(平成28)年受賞作品】
  
杉本深由起『ひかりあつめて』 小学館
 

   
  
 

 


児童文芸新人賞

 
1972(昭和47)年に設けられた賞で、1年間に出版された新人作家による優れた作品に贈られます。創作童話、小説、ノンフィクション、詩、童謡が対象ジャンルです。
 
【第45回 2016(平成28)年受賞作品】
 
おおぎやなぎちか 『しゅるしゅるぱん』 福音館書店
 
   

 
 
 
堀田けい『いくたのこえよみ』 理論社
 
   

 

 



児童文芸幼年文学賞

 
2016(平成28)年度より新設された賞で、2年間に出版された当協会会員による優れた幼年童話・絵本に贈られます。
*児童文芸ノンフィクション文学賞と交互に隔年で行われます。
 
【第1回 2016(平成28)年受賞作品】
 
野村一秋『ミルクが、にゅういんしたって?!』 くもん出版
 
   

 
 

児童文芸ノンフィクション文学賞

 
2017(平成29)年度より新設される賞で、2年間に出版された、優れた児童向けノンフィクション作品に贈られます。
*これまでの福田清人賞を継承します。 
*児童文芸幼年文学賞と交互に隔年で行われます。
 

 


 




児童文化功労賞

 
1959(昭和34)年度より新設された賞で、児童文化の向上発展のため長年努力された方々の功績を称えて表彰します。
 
【第55回 2016(平成28)年受賞者】
 

内田麟太郎氏
 
工藤直子氏
 
田畑精一氏