日本児童文芸家協会の本

当協会が企画・編集・執筆した本をご紹介します。どのシリーズも、明確なコンセプトと会員による確かな筆致に定評があります。最新刊「だれがあける!? トビラ」シリーズは書店での売れ行きも好調で、多くの子どもたちが恐怖に震えているそうです。


児童文学塾&謎解きホームルーム


『謎解きホームルーム』ミステリーの原稿大募集!


会員、研究会員、限定            
『謎解きホームルーム』(児童文芸家協会編 新星出版社)
第2巻以降に収録する原稿を募集します。以下の要項に沿ってご応募ください。
 
①応募資格:日本児童文芸家協会の会員、研究会員に限ります。
 
②読者対象:小学 456年生
 
③内容:語り手は小学生。語り手の身のまわりや知人等に起きた事件や不可解な出来事,あるいは考案したミステリーを読者が推理力を働かせて解決。ただし殺人や過度の暴力は避けてください。未発表の作品に限ります。
 
④文章量:8800字ほど【 37W × 14L × 17ページ】文体は常体(である、だ)
 
⑤設定および構成 : HRの時間に生徒が1話ずつミステリーを話していく設定。全編の 3分の 2ほどで、事件のあらましと解決のヒントを盛り込む。そして読者へ事件解決の挑戦の文章の後、残り 3分の 1で謎解きをする。読者は犯人当て、トリック解明、アリバイ崩し等を読みながら楽しむ。解明の難易度は、 6割程度の読者が正解を導き出せる程度。詳しくは既刊の『謎解きホームルーム』を参考にしてください。 
●担当編集者より
「謎」のヒントは、文章の中でもイラストでも、構成自体に隠されていても OKです。編集者も思わずだまされるような、そして謎解きする子どもたちから思わず声がもれるような、ワクワクドキドキするミステリーをお待ちしております!
 
⑥締め切り: 今回の応募はメールのみの受付になります。3月15日午後12時までに児童文芸家協会の下記の『謎解きホームルーム』応募専用アドレスに、会員か研究会員の別、 住所、氏名、年齢、メールアドレス、電話番号を明記の上、原稿をメール添付で送信のこと。
nazotoki@jidoubungei.jp
 
⑦採否の連絡: 4月末日をめどに新星出版社より、採用の場合のみメールを差し上げます。なお収録にあたっては、内容の修正をお願いすることがあります。応募原稿の返却は致しません。採用の原稿の出版権は新星出版に設定され、二次使用権は新星出版社に帰属します。採否の理由の問い合わせには応じられません。
 
⑧原稿料:収録の場合、既定の原稿料を協会よりお支払いします。
 
⑨問い合わせ:応募に関し不明な点も、上記にメールで件名「問い合わせ」と明記の上、送信してください。申し訳ありませんが電話等での受付は出来かねます。
 
日本児童文芸家協会 刊行チーム

1話10分 謎解きホームルーム


日本児童文芸家協会:編
イラスト:純頃
新星出版社  定価1,000円+税
 
1話10分。ひとひねり、ふたひねりの珠玉のミステリーが9作!
ミステリーを楽しむうちに、自然と読解力・洞察力がUPする!
これまでにない【思考】+【ミステリー】の謎解き児童書籍。
 


 
乞うご期待!
 

児童文学塾(2021年1月20日発売!)


日本児童文芸家協会:編
あるまじろ書房  定価1,500円+税
 
 


LinkIcon前のページ へ