展覧会・イベント

絵本の原画展や、小さなお話を集めた展覧会、また読み語りや手遊び、ワークショップ。さまざまなイベントを通して、児童文芸に親しんでいただく活動もしています。なかでも、作家が自作を読み語る「キッズブック・らいぶ」は、協会創立50周年以来、10年以上つづく企画です。子どもはもちろん、大人も楽しめるものばかり。お近くで開催されるときには、ぜひ足を運んでみてください。

2017.2.20

「上野の森 親子フェスタ2017」への参加者(会員・研究会員)を募集します。

 
5月3日から5日の3日間、新緑の上野公園で、毎年こどもの本のブックフェスティバルが行われます。数多くの児童書出版社が出店し、本を2割引で販売、イベント中は読み聞かせやお話し会、さらに絵本や読書に親しむための講演会を、東京都美術館・国立国会図書館国際子ども図書館にて開催するなど、親子で本の世界を楽しむ企画が盛りだくさんです。
2000年にスタートしたイベントで、主催は子どもの読書推進会議、日本児童図書出版協会、出版文化産業振興財団(JPIC)です。
 
そして昨年から私たち日本児童文芸家協会、日本児童文学者協会、日本児童出版美術連盟など、作家の団体も参加することになりました。
本協会は5月4日(木)みどりの日の担当です。
 
テントで作家自身が自著を販売する、サインセールをやります。参加を希望される方は、事務局にメールにてご連絡ください。
その際、 メールの件名は「上野の森フェスタ参加希望」としてください。
担当委員会より販売形態や参加条件(自費出版は除く、など)を送らせていただきます。
締め切りは3月15日(水)です。
応募は、当協会の会員・研究会員に限ります。
 
【上野の森フェスタ担当】
・上野与志
・事業委員会:麻生かづこ ささきあり すとうあさえ 長井理佳、穂高順也、山本省三
 
 

↑昨年の写真です。
その他の写真も、こちらからご覧いただけます。
 

2017.2.7

「キッズブック・らいぶ in 神戸」が開催されます。

 
2月25日(土)午後2:00〜3:00、神戸文学館で「キッズブック・らいぶ in 神戸」が開催されます。お近くの方、ぜひお出かけください。 事前のお申し込みが必要です。

日時:2月25日(土)、午後2:00〜3:00
会場:神戸文学館(土曜サロン)
神戸文学館ホームページ
 

 

 

2016.8.2

「絵本フェスティバル2016」フォトギャラリー 

 
7月29日(金)〜31日(日)に開催された「横浜山手西洋館 絵本フェスティバル2016」。お天気にも恵まれ、3日間で約1400人の方にご来場いただきました。優雅な洋館で繰り広げられる、読み語りやトークショー、人形劇やワークショップ。会場には300冊の絵本と、フラワーコーディネート。笑顔いっぱいの3日間を写真で振り返ります。ぜひご覧ください。

*掲載されているお客さまには、あらかじめ許可をいただいています。

 
 
 
 
 
 
 

穂高順也さんとすとうあさえさんによる読み語りとおしゃべり。楽しくないはずがない!

 
 
 
 
 
 
長井理佳さん作詞「山ねこバンガロー」のミニコンサート。ゆるい感じが、なんとも素敵。
  
 
 
 
 
 
 
うふくらぶさんによるフラワーコーディネート。今年は「えほんとこども」をテーマに。
 
 
 
今年の協会賞を受賞された、杉本深由起さんの詩「外」の朗読。サプライズゲストに、なんと杉本さんご本人が!
 
 
 
 
 
  
ライオンのえかきうたのあとは、お待ちかね! 山本省三さん作「ライオンのオーレ」の人形劇。
 
 
 
会場には、仲良し親子がたくさん。みんな絵本が大好き!
 
 

大人気のワークショップでは、とび出す絵本を制作。子どもたちの集中力に脱帽です‥‥。

  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。
出演者の皆さん、お疲れさまでした!
 
【出演】岡信子 麻生かづこ いしいいくよ ささきあり すとうあさえ 長井理佳 穂高順也 山本省三(敬称略)
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
引き続き、詩を大募集!
素敵な詩は、雑誌『児童文芸』に掲載されます!
日本児童文芸家協会の会員には、絵本・童話作家にくわえ詩人もいます。
本年度の協会賞は、詩集『ひかりあつめて』(小学館)杉本深由起氏が受賞しました。
あなたも詩を作ってみませんか?
感じたこと、心が揺れたこと。ステキな言葉を紡いで、キラキラ光るポエムをお寄せください。
 
【テーマ】自由  だれでも参加できます
【募集要項】 
○締切  8月31日(必着)
○応募方法 
郵送 
こちらの用紙をダウンロードし、作品(詩)と必要事項をご記入の上、下記の住所へ封書にてご応募ください。用紙がダウンロードできない場合は、A4の用紙に作品(詩)と、名前(ふりがな)・住所・電話・メールアドレス・年齢・作品タイトルをご記入ください。
②メール
メール件名を「2016 詩の募集」とし、作品(詩)と、作品タイトル・名前(ふりがな)・住所・電話・メールアドレス・年齢を明記して下記のアドレスまで送ってください。
※選考過程その他お問い合わせには応じられません。
○結果発表
雑誌『児童文芸』2017年2・3月号に掲載
日本児童文芸家協会ホームページでも発表
採用された方には、協会より掲載誌を1冊さしあげます。 
○選考
日本児童文芸家協会 事業委員会
選考委員長 楠木しげお
プロフィール : 1946年徳島県生まれ。サトウハチロー門下の童謡詩人。
元都立高校国語科教諭。日本童謡協会会員、日本児童文芸家協会理事。
ジュニアポエム『カワウソの帽子』『まみちゃんのネコ』(銀の鈴社)など。
主催:一般社団法人 日本児童文芸家協会
○送付先
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-16-3-202
TEL 03-3262-6026   FAX 03-3262-8739
メールアドレス jibungei@td5.so-net.ne.jp 
「2016 詩の募集」係
 
 


「横浜山手西洋館 絵本フェスティバル」に参加します。

 

 

毎年夏に開催される横浜西洋館の「絵本フェスティバル」に、今年も参加します。
 

横浜山手西洋館 絵本フェスティバル
日時:7月29日(金)〜31日(日)9:30〜18:00
場所: 山手西洋館 ベーリックホール
    横浜市中区山手町72 tel.045-663-5685
主催:公益財団法人 横浜市緑の協会
 
ものがたりの世界へ 〜絵本がいっぱい、童話がいっぱい〜
◆童話・絵本作家による読み語り(絵本・大型絵本・紙芝居)
→29日(金)13:00~14:00 麻生かづこ いしいいくよ 穂高順也
→30日(土)11:00~12:00 ささきあり すとうあさえ 長井理佳 穂高順也
◆作家自身の読み語りとおしゃべり  大人対象、絵本好き&絵本作家志望の方歓迎! *1
「へびのかんごふさん と ざぼんじいさんの部屋へようこそ。」 
穂高順也&すとうあさえの絵本トークショー
→30日(土)14:00〜15:00
◆みんな、あつまれ! キッズブックらいぶ
作家による人形劇「ライオンのオーレ」 読み語り、えかきうた等
→31日(日)11:30〜12:10
◆ワークショップ「かんたん、びっくり とびだす絵本をつくろう!」
→31日(日)13:30〜15:30 定員15名(要予約)
◆詩のお部屋
詩集の展示 言葉をつなげてみんなで詩を作ろう
詩の募集 〜素敵な詩は『児童文芸』に掲載されます! 8/31締切 *2
◆絵本・大型絵本 紙芝居 童話の展示(300冊) 自由にお読みください
◆フラワーコーディネート「えほんとこども」
  
*1 絵本トークショーについて↓
30日14:00〜15:00の「へびのかんごふさん と ざぼんじいさんの部屋へようこそ。」は、穂高順也さんとすとうあさえさんによる絵本トークショーです。大人の方を対象に「絵本を創るってさ‥…。そもそも絵本ってさ‥‥」と、作家の本音トークを展開。質問も受け付けるそうなので、絵本好きの方、絵本作家志望の方にもオススメです。
  
*2 詩の募集について↓ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
詩を大募集!
素敵な詩は、雑誌『児童文芸』に掲載されます!
日本児童文芸家協会の会員には、絵本・童話作家にくわえ詩人もいます。
本年度の協会賞は、詩集『ひかりあつめて』(小学館)杉本深由起氏が受賞しました。
あなたも詩を作ってみませんか?
感じたこと、心が揺れたこと。ステキな言葉を紡いで、キラキラ光るポエムをお寄せください。
 
【テーマ】自由  だれでも参加できます
【募集要項】 
○締切  8月31日(必着)
○応募方法 
郵送 
こちらの用紙をダウンロードし、作品(詩)と必要事項をご記入の上、下記の住所へ封書にてご応募ください。用紙がダウンロードできない場合は、A4の用紙に作品(詩)と、名前(ふりがな)・住所・電話・メールアドレス・年齢・作品タイトルをご記入ください。
②メール
メール件名を「2016 詩の募集」とし、作品(詩)と、作品タイトル・名前(ふりがな)・住所・電話・メールアドレス・年齢を明記して下記のアドレスまで送ってください。
※選考過程その他お問い合わせには応じられません。
○結果発表
雑誌『児童文芸』2017年2・3月号に掲載
日本児童文芸家協会ホームページでも発表
採用された方には、協会より掲載誌を1冊さしあげます。 
○選考
日本児童文芸家協会 事業委員会
選考委員長 楠木しげお
プロフィール : 1946年徳島県生まれ。サトウハチロー門下の童謡詩人。
元都立高校国語科教諭。日本童謡協会会員、日本児童文芸家協会理事。
ジュニアポエム『カワウソの帽子』『まみちゃんのネコ』(銀の鈴社)など。
主催:一般社団法人 日本児童文芸家協会
○送付先
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-16-3-202
TEL 03-3262-6026   FAX 03-3262-8739
メールアドレス jibungei@td5.so-net.ne.jp 
「2016 詩の募集」係
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
会場は、とっても優雅な洋館です。
また、絵本フェスティバルは、横浜山手西洋館7館でそれぞれイベントを開催しています。子どもも大人もたっぷりお楽しみいただけます。ぜひお出かけください。
 

 

 

 
 

大月市立図書館での講演会レポート & 会期延長のお知らせ。

 
山梨県大月市立図書館で開催されている日本児童文芸家協会の企画展で、5月29日(日)に講演会が行われました。事業委員会より、レポートが届いています。どうぞご覧ください。
 
.................
 
本協会の展示会を開催中の大月市立図書館に行ってきました。
『日本児童文芸家協会の歴史』ということで、図書館の階段にパネルなどが展示されています。
館長は協会員の仁科幸子さんです。仁科さんが描いたイラストなどで館内が飾られていて、温かみのあるとても素敵な図書館でした。

5月29日(日)は、山本省三さんと甲府の絵本専門店オーナー長谷川敏夫さんの講演会がありました。
山本さんは、絵本作家になったきっかけやご自分の本ができるまでのエピソードを、長谷川さんは、本協会設立メンバーである「小川未明の周辺」をテーマにお話してくださいました。
村松定史前理事長もお越しくださり、ご挨拶をいただきました。

6月14日にNHKの取材があるため、急きょ展示会を延長することとなり、6月末日まで開催しています。
どうぞ、皆さまお立ち寄りくださいませ。放送日が決まりましたら、またご報告させていただきます。

事業委員会 麻生かづこ
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

日本児童文芸家協会企画展
日時:5月1日(日)〜6月30日(木) *会期が延長されました。
   平日 午前9時〜午後7時
   土日祝 午前9時〜午後5時
場所:大月市立図書館
   山梨県大月市駒橋1−5−1
   tel.0554-22-4815
休館日:月曜および5月6日(金)
 
ぜひお出かけください。

  
  

「上野の森 親子フェスタ2016」ご報告。

 

当協会の出展は、好評のうちに無事終了しました。
ご来場ありがとうございました。
 
初めて参加した「上野の森 親子フェスタ2016」、当協会が出展する5月4日は、朝の天候の影響で、通常より1時間遅い11時にスタートしました。
日射しも風も強いけど、見上げればこれ以上ない青空。大人も子どもも、みんな笑顔。
ご来場いただいたたくさんの方と、読み語りやサイン会などを通して交流を深めました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「上野の森 親子フェスタ2016」に出展します。

 

例年、上野公園で開催されている「上野の森 親子フェスタ2016」に
当協会が初めて出展します。
協会のブースでは、本の販売(読者謝恩価格)のほか、
会員による読み語りやブックトーク、サイン会などを予定しています。 
 ぜひお出かけください。
 
日時:5月3日(火・祝日)・ 4日(水・祝日)・5日(木・祝日) 10時〜17時
    *当協会が参加するのは、4日のみです。
会場:上野恩賜公園 中央噴水池広場
主催:一般社団法人 出版文化産業振興財団
参加費無料
 
読み語り・販売参加メンバー
【午前】 光丘真理 間部香代 長井理佳 金治直美(11時~15時)
【午後】 穂高順也 戸田和代
【終日/10~17時】 山本省三 上野与志 すとうあさえ ささきあり いしいいくよ 麻生かづこ
*上記のほかに、自作の本を読み語り・販売できる方は、当日会場までお越しください。

*荒天の場合は、中止となります。その場合はこのホームページでもお知らせします。
  

大月市立図書館で当協会の企画展が開催されます。

 
山梨県大月市立図書館にて、日本児童文芸家協会に関する企画展が開催されます。
機会がありましたら、ぜひお出かけください。
近くにお知り合いのいる方は、ぜひご紹介ください。
 

 
日時:5月1日(日)〜 6月30日(木) *会期が延長されました。
   平日 午前9時〜午後7時
   土日祝 午前9時〜午後5時
場所:大月市立図書館
   山梨県大月市駒橋1−5−1
   tel.0554-22-4815
休館日:月曜および5月6日(金)
 
* 5月29日(日)には、講演会もあります *
午後1時半〜 山本省三さん
午後3時〜  長谷川敏夫さん(甲府市の絵本専門店「ゆめや」店主)
午後4時半〜 山本省三さんのサイン会
 
*大月市立図書館の館長は、当協会会員の仁科幸子さんです。
 
  
  

「キッズブック・らいぶ in 神戸」が開催されます。

 
2月6日(土)の14:00〜15:00、神戸文学館で「キッズブック・らいぶ in 神戸」が開催されます。お近くの方、ぜひお出かけください。事前のお申し込みが必要です。

日時:2月6日(土)、14:00〜15:00
会場:神戸文学館(土曜サロン)
神戸文学館ホームページ

【プログラム】
1)詩を読む「もうすぐだからね」川越文子
2)人形劇「おたすけリュック」うちだちえ、おおかわいこ、中住千春
3)スライド絵本「あたしいいこなの」井上林子、山中加織
4)スライド紙芝居「どてカボチャ」石神誠
*ささやかなプレゼントもあります。
 

【お申し込み方法】 *すでに定員に達していた場合は、ご容赦ください。

申し込み (先着順) /小学生以下無料 中学生以上200円
・電話・FAX・はがき・E-ailのいずれかで
 「住所」「氏名」「電話番号」をお知らせください。
・電話・FAX 078-882-2028(水曜日は休館日)
・はがき 〒657-0838 神戸市灘区王子町3丁目1-2 神戸文学館あて
・E-mail kobebungakukan@river.ocn.ne.jp

・館内でも申し込みを受け付けています。
 申し込み後、参加できなくなった時はご連絡ください。
 
神戸文学館

〒657-0838   
神戸市灘区王子町3丁目1番2号
電話・FAX 078-882-2028
入館料 無料
開館時間 平日10:00~18:00 土・日・祝日9:00~17:00
交通案内
阪急電車:王子公園駅西出口から西へ約500m
JR:灘駅北出口から北西へ約600m

  
  

「横浜山手西洋館 絵本フェスティバル2015」レポート

 

2015年夏に参加した、絵本フェスティバルの模様をご紹介します。
 
 
 
毎年夏に、横浜西洋館で開催される「絵本フェスティバル」。
2015年夏、当協会は創立60周年を記念して
「ものがたりの世界へ 〜絵本がいっぱい、童話がいっぱい〜」と題し、
当協会の初代理事長・浜田広介にちなんだイベントを中心に参加しました。
元イギリス人貿易商の邸宅、べーリック・ホールを会場に、 
 絵本の展示、とびだす絵本のワークショップ、
朗読劇や手遊びなどをおこない、多くの方に楽しんでいただきました。
 
 
 
 
夏の光がふりそそぐ美しい洋館に、300冊以上の絵本を展示して。
「うふくらぶ」さんによるフラワーコーディネイトも会場を彩ります。
 
 
 
 
 
朗読劇や手遊び、そのあとはワークショップ。
たくさんの親子が参加してくれました。
 
 
 
 
 
 
会場では、作家が自作を読み語り。ちょっぴり贅沢な時間。
 
 
 
 
【企画・実行】
一般社団法人 日本児童文芸家協会 事業委員会 
【主催】
公益財団法人 横浜市緑の協会