創作コンクール つばさ賞

文化庁後援事業として、当協会が2年に一度主催するコンクールです。「詩・童謡」「童話」「読み物」の3部門の作品を、広く公募します。1987(昭和62)年の開設以降、受賞作の数多くが出版されるなど、新人作家・詩人の登龍門といわれています。当協会にも、このコンクールをきっかけに、羽ばたいた作家がたくさんいます。

2019.6.1

「第19回創作コンクールつばさ賞」の募集要項が発表になりました!

 
受賞作が、続々出版! 新人作家の登龍門として、注目を集めている賞です。
最優秀作品には、文部科学大臣賞が授与されるという栄誉も。
さあ、次なるデビューはだれ? 締め切りは1月末日、じっくり書き上げてください。
 
第19回創作コンクールつばさ賞 募集要項   
主催 一般社団法人 日本児童文芸家協会
後援 文化庁 公益社団法人 読書推進運動協議会
協賛 株式会社サトーホールディングス 日本バイリーン株式会社
 
募集内容・部門・枚数
未公表のもの。同人誌掲載は可。WEB掲載は不可。詳細については、Q&Aをご覧ください。
1)詩・童謡部門
幼児から中学生までのいずれかを対象とした a少年詩 b童謡詩。   
400字詰めで2枚以内
2)童話部門
幼児から小学校1、2年生までを対象とした創作物語。絵本テキストは不可。
400字詰めで15枚以内
3)読み物部門
a中学年向け(小学校3、4年生)、または b高学年向け(小学校5年生から中学生まで)のいずれかを対象とした創作物語・ノンフィクション物語。  
40字×30行で、a中学年向けは17枚以内、b高学年向けは27~50枚(400字詰原稿用紙の場合は、a中学年向けは50枚以内、b高学年向けは80~150枚)
 ※応募は各部門1編のみ。(他部門との重複は可。詩・童謡部門と読み物部門は、aとbどちらかで1編のみ) 
 
応募資格 単行本を出版したことのない人(自費出版は可)
 
締め切り 2020年1月末日(消印有効)
 
応募方法
・原稿は、同じものを2部送る(応募票は1枚)。
・原稿は縦書き(横書き不可)で、ページ番号を記入、A4サイズの用紙に印刷し、右肩をホッチキスかダブルクリップで綴じる。詩・童謡部門と童話部門は20字×20行で、読み物部門は40字×30行で印刷。手書きの場合は、A4判原稿用紙を使用。
・ 原稿1枚目1行目にタイトルを記入、名前は記入しない。本文は3行目から。
・ 応募票を、『児童文芸』誌または当協会ホームページから入手、記入して作品に同封。応募票は郵便で取り寄せ可能。82円(10月以降は84円)切手を貼った返信用封筒を同封の上、下記へ請求のこと。
・原稿は郵送。封筒の表書きに、「◯◯部門」と赤字で明記。
※1部しか原稿のないもの、応募票のないもの、同一部門で2編以上の応募、他のコンクールとの二重応募、その他募集要項に外れるものは、失格とします。
※応募後の内容訂正、作品取り下げ、選考状況の問い合わせには応じません。原稿は返却しません。 
 
選考委員 本協会の委嘱した選考委員
 
賞 文部科学大臣賞=1編 優秀賞・佳作=各部門数編
 
入選発表 『児童文芸』2020年8月1日発売号にて、優秀賞・佳作を発表(当協会ホームページにも掲載します)。2020年10月1日発売号にて、文部科学大臣賞の発表、および優秀賞作品の全文掲載。掲載の場合、規定の原稿料をお支払いします。入賞者には別途連絡します。
 
著作権と出版 著作権は本人が所有。受賞作が出版された場合は、別途規約に準じます。過去の受賞作には、岩崎書店、金の星社、佼成出版社、講談社、国土社、鈴木出版、文溪堂、PHP研究所などから出版された作品があります。
 
 個人情報 当協会の事務処理のみに使用し、本人の同意なく第三者に開示することはありません。
 
 ◎作品送付先
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-16-3 金子ビル202 
一般社団法人 日本児童文芸家協会 第19回創作コンクール つばさ賞係

TSUBASA2019_win.pdf
TSUBASA2019_.pdf
 

(創作コンクールつばさ賞委員会)

2019.6.1

「つばさ賞」のよくある質問をまとめました!

 
応募できる作品について
Q1 応募できる作品は「未公表のもの」とのことですが、どんな場合ですか?
A 新聞雑誌はもちろんのこと、 web上の小説・童話投稿サイトに掲載したもの、また他のコンクールに入賞して全文が発表になったものなど、不特定多数の人が読める状態にある作品は、公表ずみとみなされ、不可となります。
*ただし、大幅に改変し、まったく別の作品と認められるものは応募できます。
 
Q2 同人誌に掲載されたものだけは、応募してもいいのですね?
A  はい。同人誌は読者が限定されていますので、応募できます。個人誌も同様です。ただし、商品として市場に流通している場合は、応募できません。
 
Q3「書き下ろし童話展」に出品した作品は、どうでしょう。また、通信実作講座で指導を受けた作品を応募してもいいでしょうか。
A どちらも応募できます。 
 
Q4 詩を書いています。曲がついて、コンサートで歌ってもらいました。これも公表にあたりますか?
A  Q1にあるように、不特定多数の人に聞いてもらったわけですから、公表ずみとなりま す。ただし、家族等の内輪で歌ったものは、私的使用ですので、その限りではありません。
 
Q5 童話部門で、絵本テキストは不可とありますが、イメージを伝えるために、場面割りしたいのですが。また、簡単なイラストも添えたいのですが。
A どちらも募集要項に反します。場面割りをせず、イラストもつけずにお送りください。
 
応募資格について
Q6「単行本を出版したことのない人」とありますが、大人向けの小説なら、応募資格はありますか? コミックや絵本はどうでしょうか。
A どんな本でも、一冊でも単行本を商業出版していれば、応募資格はありません。
 
Q7 以前、あるコンクールに入賞し、単行本として作成してもらいました。でも、市場に流通しているわけではなく、価格もついていません。応募資格はありますか?
A 商業出版とはいえないので、応募資格はあります。ただし、その作品は公表されているわけですから、同じ作品を応募することはできません。
 
応募方法について
Q8 パソコンのプリンタで印刷するときに、原稿用紙の設定にして、ワク線も印刷したほうがいいのでしょうか?
A 原稿用紙のワク線は、印刷しないでください。原稿がたいへん見えづらくなります。
 
Q9 右肩をホッチキスかダブルクリップで綴じる、とありますが、ダブルクリップとはなんですか?
A これです。文具店などにあります。

 
Q10 紐でとじてもいいですよね?
A 紐とじはおやめください。原稿用紙が整わず、ページがめくりにくくなります。
 
Q11 応募票をうっかり入れ忘れて送ってしまいました。これから応募票だけ送ってもいいですか?
A もう一度原稿をプリントし、応募票とともに送ってください。応募票だけ送るのはおやめください。
 
Q12 少年詩、童謡詩、童話、読み物の中学年向けと高学年向け、全部に応募したいのですが。
A 少年詩と童謡詩は、どちらか一編のみ。読み物の中学年向けと高学年向けも、どちらか一編のみしか応募できません。ですから、詩・童謡部門、童話部門、読み物部門からそれぞれ一編ずつの、計 3編は応募できます。
 
Q13 なかなか郵送できず、締め切り日になってしまいました。事務局に持参してもいいですか?
A 事務局員が応対できないことがあります。当日の消印有効ですので、郵送してください。
 
(創作コンクールつばさ賞委員会)

2018.10.16

「第18回創作コンクールつばさ賞」の授賞式・お祝いの会が行われました! 

 

 
10月13日(土)、アルカディア市ヶ谷にて、第18回創作コンクールつばさ賞の授賞式・お祝いの会が行われました。
受賞者のみなさん、一次選考を通過したみなさん、選考委員をつとめた会員・お祝いにかけつけた会員のみなさん、そして出版社・関係団体のご来賓の方々もお迎えし、会場は終始、なごやかな雰囲気につつまれました。
 

矢部美智代理事長の挨拶。
 

野原にじうおさんへ文部科学大臣賞賞状授与。
 

岩崎書店・島岡理恵子様よりご祝辞をいただきました。
 

チャイルド本社・中村猛様による乾杯のご発声。
 

お祝いの会では、受賞者の皆さまからひと言ずつ頂戴しました。
 
たくさんの方々が、お祝いのひとときを共に過ごしました。ここに集まったすべてのみなさんのつばさが、すこやかでありますように。そして、さらに大きく羽ばたきますように。ありがとうございました。
(文/育成委員・江森葉子 写真/森埜こみち)

 


2018.8.1

「第18回創作コンクールつばさ賞」の入選作品が発表されました! 

 
おめでとうございます! 第18回創作コンクール「つばさ賞」選考結果発表
主催・一般社団法人日本児童文芸家協会
後援・文化庁   公益社団法人読書推進運動協議会
協賛・サトーホールディングス株式会社
   日本バイリーン株式会社
  
詩・童謡部門  
◇優秀賞
 少年詩
 「にぎられた ことば」野原にじうお【文部科学大臣賞受賞】
 「黒あめ」北山千尋
  童謡詩  
 「きつねの列車」阿部美智代
◇佳作
 少年詩
 「新月の夜に」はまだけいこ
 童謡詩
 「ぱちん」星たんす
 
童話部門( 掲載は作者名の五十音順)
◇優秀賞
 「ひるねや」一樹ろこ
 「まっかなじょうろのひとりごと」新月チマ
◇佳作
 「ぴんことスーパーせんとうのともだち」浦野奈央子
 「相棒」かのとかりん
 「空とぶふっくらパン屋さん」ひろいれいこ
 
読み物部門( 掲載は作者名の五十音順)
◇優秀賞
 「きつねの時間」蓼内明子
◇佳作
 「父さんの仕事着」岩崎まさえ
 「星のない夜の太陽」嘉瀬陽介
 「まてまて、ごめん。」渡辺朋
 
*『児童文芸』10・11月号に、優秀賞受賞作品が全文掲載されます。
 
 
 
一次選考通過作品(順不同)
詩・童謡部門
a少年詩
「白いテープに届くまで」小林功治、「いいな……」有坂悠吾、「いちまいの布」モリバラカ、「あにになる」サイトウマサオ、「温もり」渡辺恵美、「願望」河村扶示子、「ありがとうを」まつもとあいこ、「色鉛筆」鳳こはく、「新月の夜に」はまだけいこ、「戦争有賀七海、「君の手にふれた時」御簾納由美、「ぺちゃんこのランドセル」平賀宏美、「ひとりぼっち」大江豊、「元気の花たば」御手洗ルナ、「楽しい時間」丹羽きよみ、「詩の力で」おざきさちよ、「夏の日差し」守宮槐、「黒あめ」北山千尋、「ちょっとだけ」あべなつこ、「ライバル」関彩夏、「にぎられた ことば」野原にじうお、「はじめてのきみへ」横倉陽、「光の色」工藤謙太朗、「わたしのすきなものしりとり」よるのつむぎ、「わたしです」麻中蓬太郎
b童謡詩  
「おはしのおはなし」西田つなで、「ねえちゃん」海野清二郎、「台風」せのかおる、「春の萌し」北折宗吉、「ご飯とお汁とおかずの歌」中尾順子、「わたしとあじさい」平山賀奈子、「ぱちん」星たんす、「家族」須田ゆみえ、「桜の木の下で」むかいゆうこ、「マガモさんとアオサギさん」打浪紘一、「きせつの あいうえ・おやつ」はやしゆきこ、「かあさんのにおい」感王寺美智子、「あさがおさいた」流歩詩、「君 ハシビロコウ」だいやれいか、「大きくなったら くまになる」文美、「月夜のないしょ話」杉山桃子、「きつねの列車」阿部美智代、「はんぶん はんぶん」ソルト
 
童話部門
「やくそく」信太政子、「空とぶふっくらパン屋さん」ひろいれいこ、「コン吉なべ」新橋千恵子、「ロボットと一週間」馬渕定芳、「ごめんね、しゅうちゃん」赤木きよみ、「たっくんはおにいちゃん」寺山花、「ピアノのあるカフェ」福迫久美子、「まっかなじょうろのひとりごと」新月チマ、「そこにトンネルをみつけたら」おがわあやこ、「なんでん山のはいしゃさん」しいなさいち、「天気よほうどおりです」ながいくみこ、「あなたもシェフ」山口としこ、「ぴんことスーパーせんとうのともだち」浦野奈央子、「みきちゃんのすいぞくかん」Kiriko、「相棒」かのとかりん、「ひるねや」一樹ろこ
 
読み物部門
a中学年 
「けん玉プリンセス」荻野なお、「万作さんのいた一週間」南田幹太、「まてまて、ごめん。」渡辺朋
b高学年
「カタツムリ」石黒文海恵、「星のない夜の太陽」嘉瀬陽介、「カタツムリ同盟」岡田香緒里、「父さんの仕事着」岩崎まさえ、「きつねの時間」蓼内明子

 

 

2017.6.1

「第18回創作コンクールつばさ賞」の募集要項が発表になりました! 

 
この賞は新人作家の登竜門。ほぼ毎回、受賞者が作家として大きく羽ばたいていきます。最優秀作品には、文部科学大臣賞が授与されるという栄誉も。
さあ、次なるデビューはだれ? 締め切りは1月末日、じっくり書き上げてください!
 
第18回創作コンクールつばさ賞 募集要項  
主催 一般社団法人 日本児童文芸家協会
後援 文化庁 公益社団法人 読書推進運動協議会
協賛 株式会社サトーホールディングス 日本バイリーン株式会社
 
◎募集内容・部門・枚数
オリジナル未発表のもの (同人誌、営利目的でない個人のWeb上の掲載は可。ただし、Web上の作品は応募後削除のこと)
1)詩・童謡部門
幼児から中学生までのいずれかを対象とした、a少年詩 b童謡詩。   
400字詰原稿用紙2枚以内
2)童話部門
幼児から小学校1、2年生までを対象とした創作物語。絵本テキストは不可。
400字詰原稿用紙換算で15枚以内
3)読み物部門
a中学年向け(小学校3、4年生)、または b高学年向け(小学校5年生から中学生まで)のいずれかを対象とした創作物語・ノンフィクション物語。  
40字×30行で、a中学年向けは17枚以内、b高学年向けは27~50枚(400字詰原稿用紙の場合は、a中学年向けは50枚以内、b高学年向けは80~150枚)
 
応募は各部門1編のみ。(他部門との重複は可。詩・童謡部門と読み物部門は、aとbどちらかで1編のみ)
 
◎応募資格 単行本を出版したことのない人(自費出版は可)
 
◎締め切り 2018年1月末日(消印有効)
 
◎応募方法
原稿は、同じものを2部送る(応募票は1枚)
・ 原稿は縦書き(横書き不可)で、ページ番号を記入、A4サイズの用紙に印刷し、右肩をホッチキスかダブルクリップで綴じる。詩・童謡部門と童話部門は20字×20行で、読み物部門は40字×30行で印刷。手書きの場合は、A4判原稿用紙を使用。
・ 原稿1枚目1行目にタイトルを記入、名前は記入しない。本文は3行目から。
・ 応募票を、『児童文芸』誌または当協会ホームページから入手、記入して作品に同封。   応募票は郵便で取り寄せることもできる(82円切手を貼った返信用封筒を同封の上、下記へ請求のこと)。
・原稿は郵送。封筒の表書きに、「◯◯部門」と赤字で明記。
※1部しか原稿のないもの、応募票のないもの、同一部門で2編以上の応募、他のコンクールとの二重応募、その他募集要項に外れるものは、失格とします。
※応募後の内容訂正、作品取り下げ、選考状況の問い合わせには応じません。原稿は返却しません。
 
◎選考委員 本協会の委嘱した選考委員
 
◎賞 文部科学大臣賞=1編 優秀賞・佳作=各部門数編
 
◎入選発表 『児童文芸』2018年8月1日発売号にて、優秀賞・佳作を発表(当協会ホームページにも掲載します)。2018年10月1日発売号にて、文部科学大臣賞の発表、および優秀賞作品の全文掲載。入賞者には別途連絡します。
 
◎著作権と出版 著作権は本人が所有。受賞作が出版された場合は、別途規約に準じます。過去の受賞作には、岩崎書店、金の星社、佼成出版社、講談社、国土社、鈴木出版、文溪堂、PHP研究所などから出版された作品があります。
 
◎個人情報 当協会の事務処理のみに使用し、本人の同意なく第三者に開示することはありません。
 
作品送付・問い合わせ先
102-0072 東京都千代田区飯田橋2-16-3 金子ビル202
一般社団法人 日本児童文芸家協会 第18回創作コンクール つばさ賞係
 
応募票ダウンロード
第18回つばさ賞応募票(WIndowsの方)
第18回つばさ賞応募票(Macの方)
 

(育成委員会)

 
 


2016.10.23

第17回創作コンクールつばさ賞の授賞式・お祝いの会が行われました! 

 
 
10月22日(土)、日本出版クラブ会館にて、第17回創作コンクールつばさ賞の授賞式・お祝いの会が行われました。
受賞者の皆さん、一次選考通過者の皆さん、選考委員をつとめた会員、お祝いにかけつけた会員、そして多くの出版社・関係団体の皆さまにもお越しいただき、和やかで温かい式典となりました。 
 
このつばさ賞からは、受賞作がコンスタントに出版されています。作品の質の高さはもちろん、出版社からの注目の高さがうかがえます。 「新人作家の登龍門」といわれて久しい、堅実なコンクール。それが、私たち日本児童文芸家協会のつばさ賞です。
 
詳しいレポートは、『児童文芸』2017年2・3月号に掲載されますが、一足先に写真で式典の模様をご紹介します。
みーんな笑顔です。
(撮影協力:長井理佳さん)
 
受賞者の皆さま、おめでとうございます。
選考委員をつとめてくださった会員の皆さん、外部選考委員の皆さま、そして運営スタッフの育成委員会、サポートの委員会の皆さん、事務局の皆さん、ありがとうございました。
 
 

2016.10.1

第17回つばさ賞入選作品・文部科学大臣賞受賞作品 

 
文部科学大臣賞
童話部門「わすれんぼっち」橋口さゆ希 
 
詩・童謡部門
◆優秀賞
「花のなまえ」 鬼頭ちる
◇佳作
「片っぽのくつ」 豊崎えい子
「あさつゆ」 山口理々子
 
童話部門
◆優秀賞・文部科学大臣賞
「わすれんぼっち」 橋口さゆ希
◇佳作
「だいじょうぶって、だいじょうぶ?」 阿知波周生
「ティフィと白いネコ」 山本泉
 
読み物部門
◆優秀賞
「古い地図の向こうから」 森くま堂
◇佳作
「フシギの町へ続く道」 草香恭子
 
受賞者の皆さま、おめでとうございます!
優秀賞受賞作は、『児童文芸』10・11月号に全文掲載されてます。
 
 
【第一次選考通過作品】
詩・童謡部門 
「おそらのこもりうた」むかいゆうこ、「あさつゆ」山口理々子、「えほんのえほん」横江風香、「忘れ物はありませんか」北山千尋、「雨の日には雨のことを」立原みどり、「たったひとつの願いです」丹羽きよみ、「片っぽのくつ」豊崎えい子、「花のなまえ」鬼頭ちる、「今はこんなぼくだけど」望月悠、「オレはクモの子」遙北斗、「赤ちゃんの日記帳」ナヴィツキエネ祐子、「まあるい日」阿部美智代、「顔のない雪だるま」三蔵美佳、「王様はだあれ」小林功治、「まるっていいな」かすみ草、「ふりむいて」鈴城琴音、「ひとりじゃないよ」まる、「あれから」中内美智子、「物語を読むこと」なかいかおり
 
童話部門
「王さまの宝もの」小太り爺さん、「たかし、セーイ」小花ことり、「まがったおへそ」kiriko、「だいじょうぶって、だいじょうぶ?」阿知波周生、「ゆめいっぱい・はらいっぱい」ののふみこ、「わすれんぼっち」橋口さゆ希、「なきむしのおくすり」こづかまや、「赤いとびらのむこうがわ」金谷ゆかり、「『そこ』へ行こう」おおばこぜりい、「春の味」わくなくにひろこ、「ティフィと白いネコ」山本泉、「なかまカナ?」新井爽月、「絵馬かけのひみつ」山口としこ、「三かいの森はふしぎの森」岩崎まさえ、「どんぐりっ子」中山貴雄、「日本一おいしいおいなりやさん」柊木暦、「カミカツ祭り」こやまじゅんこ、「ぜんぶで僕だよ」村上ときみ
       
読み物部門
「チョコクッキーは何の音?」宇坂吏央、「フシギの町へ続く道」草香恭子、「ブラックホイッスル」平松詩子、「2000年前の海岸で――考古ガール七海――」鬼村テコ、「古い地図の向こうから」森くま堂、「夢は、一番星☆」秋本美那
 
 
【データ報告】

有効応募数‥‥規定違反等を除いた応募数
 
 
【授賞式・お祝いの会】
日時:10月22日(土)午後2時〜4時
場所:日本出版クラブ会館(東京都新宿区袋町6 Tel.03-3267-6111)
会費:2000円(軽食代含む)
ぜひご出席ください。お申込は事務局まで。
 
 

2016.7.19

第16回つばさ賞受賞作
 萩原弓佳さんの『せなかのともだち』が出版されました!

 
第16回創作コンクール つばさ賞の童話部門優秀賞受賞作、萩原弓佳さんの「はじめての握手」が、『せなかのともだち』というタイトルで出版されました。
 
 
 
『せなかのともだち』(PHPとっておきのどうわ)
作・萩原弓佳 絵・洞野志保
PHP研究所
 
★萩原弓佳さんより、メッセージをいただきました★
つばさ賞受賞の電話をいただいた時のことは、今でもよく覚えています。

あまりにも半信半疑だったので、最低限の受け答えだけで早々と電話を切ってしまい「もっと喜んだり、お話したりするべきだったかしら?」と後から心配になりました。
出版のお話をいただいたときも、すぐには信じられず、不安がつのり右往左往しましたが、挿絵を描いてくださった洞野志保さんをはじめ多くの方のお力のもと『せなかのともだち』は無事、立派な本となりました。
はじめての事ばかりで戸惑う私に、さまざまなことを教えてくださった児童文芸家協会のみなさまには、心から感謝とお礼を申し上げますとともに、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
 
 

萩原弓佳さん、おめでとうございます!