講座・童話塾

書く力を高める、さまざまな講座や勉強会が開かれています。講師は、協会の先輩作家や、ときには編集者さんなど外部の方もお招きして。講座は参加募集後すぐ定員に達するものが多く、大変人気です。また関西と東北で開催される童話塾は、会員以外の受講も可能なため多くの参加者に恵まれ、毎回充実した学びの場となっています。

2017.10.16

「現役編集者が語る『いま、こんな原稿、まってます!』」が開催されました!

 
10月14日(土)、中央大学の駿河台記念館で、育成委員会主催の「現役編集者が語る『いま、こんな原稿、まってます!』」が開催されました。
 
現役編集者の方々が、それぞれの立場から、温かくも厳しい生の声を届けてくださいました。
参加者は、みな真剣な表情で聞き入り、あっという間の充実した3時間でした。
講師を務めてくださった編集者の皆さま、受講してくださった皆さま、ありがとうございました。
 

 

 

 

 

 
詳しいレポートは、『児童文芸』2018年2・3月号に
掲載いたします。
 
 

2017.08.04

「現役編集者が語る『いま、こんな原稿、まってます!』」が開催されます!

10月14日(土)、「現役編集者が語る『いま、こんな原稿、まってます!』」が開催されます。会場は、中央大学・駿河台記念館。担当ジャンルの異なる、3名の編集者をお迎えして、現場の今、そして求めている原稿について語っていただきます。ぜひご参加ください。

 
上の画像は、当協会オリジナルの「オフィシャル画像」です。ブログやSNSなどでお使いください。
 
 

2017.08.01

「出版をめざす! ノンフィクション講座」が開催されます!

11月21日(火)から5回にわたり、協会事務局で「出版をめざす! ノンフィクション講座」が開催されます。昨年、好評を博し、2作品が出版に向けて動いているという、超実践講座です。講師はもちろん、国松俊英さん。本気でノンフィクションを書きたい方、ぜひご参加ください。


 
上の画像は、当協会オリジナルの「オフィシャル画像」です。ブログやSNSなどでお使いください。
 
 

2017.07.28

「デビューを応援するミニ講座」が開催されました!

 
7月17日(土)、協会事務局にて「デビューを応援するミニ講座」が開催されました。参加された方の感想を、写真とともにご紹介します。
 

 
●ジャンルの違う先生のテクニックをうかがえて「なるほど!」の連続。今後も「絵本勉強会1」「絵本勉強会2」のように、同テーマで続けてほしい。
●北川先生からは「場面割りすること」竹内先生からは「描写文を書き始めること」を強く学んだ。
●いつも一人で書き、わからなかったことが次々解決した。書くことが伝わっているか不安で、つい押しつけがましくなっていたと気づいた。感じてもらえるようたくさん描写したい。
●とてもためになるお話だった。参加してよかった。
●たくさんの方が同じ方向をむいていることに感動した。
●とても役に立つ、楽しい講座。疑問に思っていた事がストンとおちた。さっそく自分の作品の見直しをする。
●両先生より大変わかりやすく、具体的なお話しを伺い書く意欲がとても高まった。
●気付きが多い講座。創作する時の参考になる。
●「保育絵本の講座」具体的でわかりやすく、とてもよかった。「アンソロジー作品」の講座は時間切れが残念。
●とても充実した時間。今後「企画書を書く」というテーマを東京でも催してほしい。(童話塾 in関西のテーマ)
●すばらしい講座。関西より来ていただき感謝。具体的な話は最高。矢部理事長からのお言葉もうれしかった。
●とても勉強になった。自分の作品に生かしたい。これからも書き続ける。
●子どもたちを夫にまかせてきた。一言一言すべて残さず吸い上げることができたらと思える貴重なお話を創作の糧にしたい。
●心構えや書くことへの気持ちが新たになった。また具体的な例を見せていただき勉強になった。
●楽しくいい勉強になった。
●くわしい説明でよくわかった。教わったことを自分のものにできるまで創作を続けたい。
●実際の作品を手本にしていただき、理解しやすかった。アンソロジーを書くきっかけ、目標がはっきりした。
 
 

 
 

 
 

2017.06.01

「第7回 童話塾 in 関西」が開催されます!

*第7回童話塾in関西の申し込みは締め切りましたが、参加申し込みをされて、まだ、詳細明記の案内がハガキまたはメールで届いていない方は、事務局までご連絡ください。

11月11日(土)、京都市の天性寺で「童話塾 in 関西」が開催されます。独特の熱気に包まれ、パワーみなぎる関西の童話塾。今回は「絵本テキスト・幼年童話」と「企画書の書き方」を学ぶワークショップを開催。文研出版の坂田俊明氏も講師にお迎えします。ぜひご参加ください。

 

Bに参加される方へ
①企画書とは、自分の作品のアピールです。
②「この本をぜひ出版したい」と編集さんに思ってもらえるように書いてください。
A4サイズ2枚まで(形式自由。ぎゅうぎゅう詰めにしないで、読みやすく)。
④一人一企画。4部コピーして提出。
⑤書き方がわからない人は、作品のあらすじでもかまいません。
⑥なお、企画書がなくても参加できます。企画書を提出した人は、当日、文研出版の坂田氏よりアドバイスをもらえます。
⑦提出された企画書は、名まえを伏せて資料に使わせてもらうこともあります。ご了承ください。
⑧編集者さんの心をつかむ企画書の書き方について勉強します。
⑨企画書を書くことで、その作品を通じて何を書きたかったのか、何が書けていないのか、客観的に見直すことができます。
⑩受付期間 7月30日~831
⑪送付先 〒606-8799京都市左京郵便局留め 西村友里(千佳子)宛
 

上の画像は、当協会オリジナルの「オフィシャル画像」です。ブログやSNSなどでお使いください。
 
 

2017.04.25

「デビューを応援するミニ講座」が開催されます!

7月15日(土)、協会事務局で「デビューを応援するミニ講座」が開催されます。デビューのきっかけになる可能性が高い「保育絵本」と「アンソロジー」にフォーカス。講師陣には、関西パワー炸裂!北川チハルさんと竹内もと代さんを迎えます。ぜひご参加ください。

おかげさまで定員に達しました。
以降のお申し込みは、キャンセル待ちとさせていただきます。
 

上の画像は、当協会オリジナルの「オフィシャル画像」です。ブログやSNSなどでお使いください。
 
 

2017.04.13

「第4回童話塾 in 東北」が開催されます!

7月17日(月/海の日)、仙台市市民活動サポートセンターを会場に「童話塾 in 東北」が開催されます。充実した内容と温かい雰囲気が大変好評で、関東などからも参加者が集まる人気の講座です。第4回となる今回は、すとうあさえさんを講師に迎えます。ぜひご参加ください。

 

*合評会の申込み締切が、上のチラシでは「5月31日」となっていますが、「6月5日(木)必着」に延長されています。
 

 

2017.04.13

「児童文芸スキルアップ2017」始動!

 

 

↑「児童文芸スキルアップ2017」のアイキャッチロゴです。
 
*上のふたつの画像は「オフィシャル画像」です。ブログやSNSなどに、ご自由にお使いください。